発売日 2018年02月15日(木)

29とJK4 ~夢のあとさき~

著者名:裕時悠示(著者) Yan-Yam(イラスト)

¥650(税別)

ISBN:
978-4-7973-9194-7
サイズ:
文庫
ページ数:
408
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・裕時悠示

『踊る星降るレネシクル』でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。 シリーズ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は180万部突破。アニメ、コミック等で展開。 2016年に新シリーズ『29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~』(イラスト:Yan-Yam)も開始。 「29とJK」もガンガンGAにてコミカライズ開始、コミック1~4巻も発売中。

イラスト・Yan-Yam

Twitter

Unable to load Tweets

  • 一気に盛り上がってきた!

    4.0
    クエシュ

    これまでも怒涛の活躍を見せつけてきた主人公だが4巻ラストにしてまさかの展開。続きが気になって仕方ない!

  • 4.0
    White Unicorn

    一言で言えばラノベチックな半沢直樹。半沢直樹的企業戦士が追い詰められてからの逆転劇にJKやら巨乳後輩やら腐れ縁幼馴染やらの要素が絡んでくるだけです。

  • 辛いなあ

    3.0
    Kindleのお客様

    面白くて続きが気になるんですがこの巻はほっとした気持ちになれる場面が少なくて辛いなあ。

すべての11レビューを表示

  • よっち

    大銀行の審査役としてリストラを突きつける旧友・剣野。そんな状況で槍羽がまさかのコールセンター長に任命され、さらにはJKの彼女・花恋から親友を紹介される第四弾。部下との関係まで揺さぶられ、剣野の介入でこじれてゆく沙樹との関係。意外なところから明らかになる高屋敷社長と夏川社長、CEOを巡る複雑な因縁。人材を揃えて足場を固めてゆく一方で、思わぬヒントと人の繋がりから広がってゆく、なるほどと思った状況打開の奇策でしたけど、思っても見なかった急展開から大逆転なるか、直接対決も友情の行方も気になる続巻に期待ですね。 続きを読む

  • かんけー

    面白い!(^.^)♪他のメンバーさんも書いてますが、社畜たる自分も他人事じゃないと読みながら、ヒシヒシと思った(^_^;)だからこそ槍場の言動が正論で核心を突いているのが実に心地好い!以前からそうだが、この作品も人物の配置とキャラの立たせ方を良い意味で存分に活用している♪槍場の性格と同じく?多少ベタでも正攻法で読者に訴えかけて来る(^.^)ヤリチンwwがモテる構図はラノベのお約束で良いとしても花恋の親友である真織の過去とライバル会社のグローバル社の女社長の怨念と親心をも確執と槍場の親友だった?剣野をそれ→ 続きを読む

  • むっきゅー

    八王子センター長に着任した槍羽が、親友・剣野率いるメインバンクのリストラ計画に抗う。これまでの俗物キャラと違い、剣野は手強すぎる。しかし槍羽は、スタッフの掌握に努めつつ、優秀な側近を固めてうってでる!今巻何人か新しい登場人物がでてきましたが、花恋の親友の夏川真織が今後のキーパーソンになりそう(ビジネスとラブコメの両面で?)あと、経理担当に加わったMBAのミッキーが、そこはかとなくシェーンコ○プ准将ぽい気が。でもそれだと、槍ちん途中で死んじゃうしなと思ってたら、ラスト1ページっ!!次巻が待ちきれない。 続きを読む

すべてのレビューを読む