SBクリエイティブ

日本の「地下経済」最新白書

門倉 貴史:著者

闇に蠢く26.5兆円の真実

パナマ文書で明るみになったタックス・ヘイブンを使った大企業・富裕層の税金逃れ、闇カジノ、闇ウェブ、振り込め詐欺、覚せい剤売買、貧困ビジネスなどのアングラビジネス……。本書は、様変わりする地下経済を、日本の地下経済の第一人者が切り込む一冊。

著書『日本の地下経済』(2002年発売)にて、それまで本格的に扱われてこなかった「地下経済」研究・分析で、注目のデビューを果たしてから15年。

ビッグデータの解析、AI技術の進化やビットコインなどの仮想通貨…オモテ経済が様変わりするなか、その負の面である地下経済も大きく様変わりしている。

パナマ文書で明るみになったタックス・ヘイブンを使った大企業・富裕層の税金逃れのほか、闇カジノ、闇ウェブ、振り込め詐欺、覚せい剤売買、貧困ビジネスなどのアングラビジネス……。本書は、地下経済が様変わりするなか、地下経済の日本の第一人者が、満を持して、再度自身の専門分野に切り込む注目の一冊。

■目次:
〔第1章〕 地下経済とはなにか?
〔第2章〕 性風俗と地下経済
〔第3章〕 貧困ビジネスと地下経済
〔第4章〕 犯罪と地下経済
〔第5章〕 闇サイトと地下経済

定価:902円(本体820円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2018年4月6日(金)
  • ISBN:978-4-7973-9246-3
  • サイズ:新書/1色
  • ページ数:240
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・門倉 貴史

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る