発売日 2018年01月06日(土)

人生は70歳からが一番面白い

著者名:弘兼 憲史(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9274-6
サイズ:
新書/1色
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・弘兼 憲史

弘兼憲史(ひろかね・けんし)
1947 年山口県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、74 年に『風薫る』で漫画家デビュー。『人間交差点』で小学館漫画賞、『課長島耕作』で講談社漫画賞、『黄昏流星群』で文化庁メディア芸術祭優秀賞と日本漫画家協会賞大賞を受賞。2007 年には紫綬褒章を受章。

Twitter

Unable to load Tweets

  • starbro

    図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。島耕作シリーズは読んだことがありますが、弘兼憲史のエッセイは初めてです。まだかなり先の話ではありますが、著者と人生観・死生観が似ているので、参考にしたいと思います。上機嫌で80歳位まで健康寿命で生きられたら好いなぁ! 続きを読む

  • Syo

    弘兼憲史。 70歳は、まだまだだけど 未来予想図は大事だからね。 まぁ、新しい発見は なかったけれども。 続きを読む

  • Humbaba

    若い頃と年を取ってからでは同じことが出来る訳ではない。普通にしているだけでは体力に衰えは得てくるし、無理も年々効かなくなってくる。ただし、その分やらなければいけないことも若い頃よりも少なくなってくる。疲れを感じたら休むようにすれば、年を取ってからでも充分に楽しく暮らしていける。 続きを読む

すべてのレビューを読む