発売日 2018年03月06日(火)

やってはいけない健康診断
早期発見・早期治療の「罠」

著者名:近藤 誠・和田 秀樹(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9361-3
サイズ:
新書/1色
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・近藤 誠・和田 秀樹

近藤誠(こんどう・まこと)
1948年東京都生まれ。近藤誠がん研究所所長。73年慶應義塾大学医学部卒業、同大学医学部放射線科入局。79~80年アメリカ留学。83年から同医学部放射線科講師を務める。乳房温存療法のパイオニアとして知られる。96年の『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)以降、医療界にさまざまな提言を行っている。2012年には第60回菊池寛賞を受賞。14年慶應義塾大学医学部を定年退職。13年「近藤誠がん研究所 セカンドオピニオン外来」(http://kondo-makoto.com/)を開設している。

和田秀樹(わだ・ひでき)
1960年大阪府生まれ。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1985年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て現職。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 正しいお医者さんの本音

    5.0
    Amazon カスタマー

    医療が発達し、世間一般の意識も上がり人口も減ってくる、そして医師は数が増え、国の医療費予算も先細りときたら医師自身が、健康な人たちを何とか合法的に病院に連れてきて、病人にしたてなければいけません。血圧の上限は150→130に、これで成人の8割は高血圧で、血圧降下剤を飲まされます。腎臓が疲れている患者さんは少し休ませれば回復するのに人工透析へ。同じくドル箱です。これでは病気にしたいのか元気に健康にしたいのかわかりませんね。

  • 降圧剤は怖い!

    5.0
    スカーレット9

    診療、医療を受けるのも、受けないのも個人の自由です。近藤先生の本は何冊か読みましたが、この本も健康と医療に対する善き指針となりました。最近また血圧の標準値が下がりました。病人を増やして薬漬けにしたい日本高血圧学会は本当に恐るべき存在です!

  • 一切の健康診断をやめた。

    5.0
    ばか正直

    何も知らずに若いころから健康診断を受け続けてきた。もう少し早く近藤先生の本に出会っていれば・・・・。一切の健康診断を受けないと決めてから晴れ晴れと生きている。近藤先生に感謝しています。

すべての30つのレビューを表示

  • GAKU

    近所の私のかかりつけのお医者さんも、この著書と同じような事を言っていました。特に現状で支障が無いようであれば、むやみやたらと何かの数値を正常にする薬とかは、飲まないようにしよう。痩せている人よりは多少メタボ気味の人の方が、長生きするという説も興味深かった。“健康のために”という事に過敏にならず、出来るだけ長く仕事を続けながら、食べたいものを食べて、飲みたいものを飲んで、残りの人生楽しく生きて行こうと思いました。 続きを読む

  • ゆいまーる

    戦後、平均寿命が飛躍的に伸びた主原因は、医療の進歩ではなく、栄養と衛生の改善。/空腹時血糖の基準は、昔140だったのに、突然126に切り下げられた。/血圧の基準を10下げると、新たな高血圧患者が1000万人生まれる。 続きを読む

  • BluePlanet

    ★4.7(4.20)2018年3月発行。毎年受けていた健康診断が日本だけの奇習だったとは。というか健康診断の正常レンジというのが、学会がいい加減に基準値を定め、それを外れた人を薬漬けに。その際たるものが高血圧。75歳以上の人は血液を脳に届けるため180以上の人が一番長生きすると。胸部X線の被ばくも日本人だけ。WHOは日本にこれを止めるよう勧告。どうも製薬会社と医者が金儲けの為に、健康診断により次々病人が作り出していたとは。日本人はこれを読んで医者の金儲けを止めさせないと寿命を縮める事になりそうですね。 続きを読む

すべてのレビューを読む