発売日 2018年05月03日(木)

驚くほど耳がよくなる!たった10秒の「耳トレ」

著者名:今野 清志(著者) 堀江篤史(イラスト)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9452-8
サイズ:
新書/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・今野 清志

イラスト・堀江篤史

今野清志(こんの・せいし)
1953年宮城県生まれ。日本リバース院長。目と耳の美容室院長。目と耳の美容学院学院長。
中央大学法学部卒業後、慈恵医大アイソトープ科にて医学を学ぶ。
当時日本初のRI(放射性同位元素)の血液検査を紹介するかたわら、
予防医学の重要性に気づき、薬を使わない治療法の確立を目指すようになる。
その後、中国北京国際針灸倍訓中心結業・中国中医研究院で研修などを行う。
30代から、東中野、赤羽、銀座、日本橋などに整体治療院を開業。
2001年に確立した独自のメソッドで、難聴などにおいて3万人以上の治療を行ってきた。

Twitter

Unable to load Tweets

  • ふじ

    第一印象は胡散臭いネーミング!だけど、内容は某ルポマンガや旦那の最後の主治医だった先生と同じ、薬や手術ではなく、最先端の見解だったので、信用に値する良本だと思います。何より、今まで死んだら蘇らない説が有力だった有毛細胞が、蘇る可能性に触れていた点に希望が持てた。兎にも角にも①酸素不足(血流悪化)②胃腸の衰え③自律神経の乱れを改善すること。そのための手軽な各種トレーニングの記載あり。 続きを読む

  • ホシ

    今年の上半期、耳鳴りに悩まされ、ここ数日また本当に微かにですが、耳鳴りがするようになり読んでみました。読んでみて原因に心当たりが…。私の場合「内臓の機能低下による血流悪化」がそれ。運動不足と酒の飲み過ぎで内蔵に負荷がかかり血流低下を起こして、耳に悪影響が出たものと思われます。お盆休みで一時帰国して以来、酒に入り浸りで運動もしていないので、また耳鳴りがするんだと思う…。本書は聴覚機能を改善するための多くの「耳トレ」を示します。《副交感神経の働きを高める》をまず念頭において私も耳トレをしようと思います。 続きを読む

  • カナン

    いろいろな10秒トレーニングがあったが、一番簡単な「耳をふさいで10秒休む」トレーニングなら、忘れずできそう。 続きを読む

すべてのレビューを読む