発売日 2017年11月22日(水)

中原さん、経済オンチの私に日本の未来を教えてください

著者名:中原 圭介(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-9459-7
サイズ:
四六/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中原 圭介

中原圭介(なかはら・けいすけ)
経営・金融のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」の経営アドバイザー・経済アナリストとして活動。「総合科学研究機構」の特任研究員も兼ねる。企業・金融機関への助言・提案を行う傍ら、執筆・セミナーなどで経営教育・経済教育の普及に努めている。経済や経営だけでなく、歴史や哲学、自然科学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析しており、その予測の正確さには定評がある。「もっとも予測が当たる経済アナリスト」として評価が高く、ファンも多い。主な著書に『格差大国アメリカを追う日本のゆくえ』(朝日新聞出版社)、『未来予測の超プロが教える 本質を見極める勉強法』(サンマーク出版)、『石油とマネーの新・世界覇権図』『ビジネスで使える 経済予測入門』(ともにダイヤモンド社)、『これから日本で起こること』『中原圭介の経済はこう動く〔2016年版〕』(ともに東洋経済新報社)などがある。東洋経済オンラインにて、コラム「中原圭介の未来予想図」を好評連載中。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 読みやすい。

    3.0
    Amazon カスタマー

    わかりやすい。読みやすい。サクッとこれから先を理解できる。

  • 4.0
    you

    10年ほど前に著者の本を数冊読み、深い考察をもとに経済の予測を次々に当てられていたことに感銘を受けたことを覚えている。その後しばらく著者の著作からは離れていたが、たまたま新刊が出るということを知り久しぶりに手に取ってみた。少子高齢化社会が日本を徐々に蝕んでいくということはよく言われていることであるが、適切なデータを元にさらに一歩深い考察がなされており、非常に示唆に富む内容であった。AIに関する記述など?と思う部分も散見され、もちろん全てを鵜呑みにすることはできないが、著者が言及しているように、将来の人口は出生率と平均寿命により正確に予測できてしまうため、ここに書かれていることが次々に起こる可能性はある程度高いと言わざるを得ない。数々の問題提起に対して、著者をもってしても薄っぺらな解決策しか提案できていないというところに問題の根の深さを感じた。非常に深い内容にもかかわらず極めて平易に書かれているのは著者の力量と思う。沈みゆく日本を少しでも浮上させる一助となるために、また、自身が泥舟とともに沈まないために是非読んでおくべき一冊と感じた。

  • どのように生きていくか、個人が考えるしかない

    5.0
    seasideoyaji

すべての10レビューを表示

  • ななつ

    農業、観光、医療を日本の優位性にしていけないか。 続きを読む

  • hk

    「歯科医院数は6万を超えた。これはコンビニ数5万よりも多い」これが本書で得た最も有益な知識だ。向こう見ずな規制緩和が過当競争を生みだし賃金に下方バイアスをかける典型的なパターンだろう。著者は地方創生のために、全農や農協を解体させて農業を集約化・株式会社化するべきという持論を開陳している。だが現下全農や農協が過疎地においてガソスタや購買所を展開していることで農村共同体がかろうじて維持されているという現実を知っていれば、そんな与太話よもや話は出来ないはずだ。中原さんは楽をして本を書きすぎなのではないだろうか。 続きを読む

  • 暇さえあれば

    日本の低迷を打破するカギは、農業、観光、医療だ。 暗い日本の将来に光をもたらす可能性を感じられた。 続きを読む

すべてのレビューを読む