発売日 2018年04月20日(金)

はじめてのAndroidプログラミング 第3版

著者名:金田 浩明(著者)

¥2,650(税別)

ISBN:
978-4-7973-9581-5
サイズ:
B5変/フルカラー
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・金田 浩明

印刷会社勤務時代にApple Power Macintoshと出会いプログラム開発を始める。iOSやAndroidをはじめとするモバイルアプリケーション開発のスペシャリストとして活躍。ベンチャー企業を経て現在は外資系IT企業にて業界の第一線で活躍中。Apple Watchの技術者向け勉強会を主催したりiOS勉強会で登壇するなど、コミュニティ活動も積極的に行っている。著書に『はじめてのAndroidプログラミング」』SBクリエイティブ)がある。

サポート情報

この商品に関してのお問い合わせは、右上の「お問い合わせ」ボタンからお願いいたします。
※ご意見、ご感想は、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • この本に高評価を付けている人は読んでいるだけでテキストに沿ってコーディングはしていません

    1.0
    購入者

    まだ学習中だがP81に変数の間違いがあり、尚且つREPLなので間違っているのにそれっぽく動いてしまっている。もし初心者が読んだだけで学習していたとしたら、間違った知識がついてしまう。腹立たしいのは出版して半年も経っているのに訂正版を出していない事だ。Kindleでアップデートを書けていないという事は著者が気付いておらず、売りっぱなしで購入者が間違った知識を得ようが知ったことではないという態度ではないだろうか?

  • Javaをやったことがない人でも大丈夫

    5.0
    Amazon カスタマー

    kotlinは書籍もQiitaの記事もJavaでの開発経験がある人向けに書かれているものが多い。言語の背景上仕方ないのかもしれないが、「Javaではこう書くものをkotlinではこう」というような説明がされたり、アンドロイドスタジオに関する説明がなかったり、kotlinから入ろうとするといきなり敷居の高さを感じさせられていた。一方、本書はJavaについての記述も多少あるが、基本的にはkotlinから初めてアンドロイドアプリ開発に挑戦するという人向けに書かれている。統合開発環境の使い方、言語の使い方、エミュレータの使い方も押さえているし、本の通りに書けばなにかしらの動くものが完成し、達成感もある。本当にアンドロイドが初めての人向けの情報としては、現時点で日本語で読める最高品質のものかもしれない。体系的な理解や、プロとしてふさわしいだけの技術力は別途トレーニングをする必要があるとは思うが、右も左もわからない初心者に本当におすすめできる一冊。エミュレータでもそこそこ楽しめますが、実機のセンサーを使ったプログラムも紹介されているので、実機を持っている方が楽しいと思います。

  • nicebook! ただこの本だけではダメ!

    5.0
    onigong

    【言いたいこと】この本一冊でなるべくアプリ開発を網羅的に理解できるようになっているため、多少端折っているところはあります。予備知識として"Kotlin"(もしくは"Java"で構わない)の知識を入れることは必須でしょう。なので、この本だけでどうにかしようとするとアレですけど、Androidアプリ開発を始めたい人にはとてもいい本です。【自分の体験】まず、この本だけだとプログラミング初心者など、人によってはよくわからないけどそのまま入力してみるかって人も多いと思います。自分も後半はよく分からないまま本通り入力して、たまにコンパイルエラー出てミスを書き直したり、バージョン違いなどによる書き込み方の違いを調べて何とか実行できるようにしたりしました。ネットでもたくさん調べました。しかしネットの記載もあまり理解できなかったり、予備知識がなさすぎたため、この方法では当然理解できませんでした。オリジナルアプリを作ろうと思っても深くつまづくところも多く、なかなか進みません。そこで自分は言語そのものの知識を入れなきゃつまるところが多すぎて理解できないと思い、結構有名な本、"すっかり分かるjava入門"を購入しました。ステマでもなんでもないですが、この本が非常に分かりやすく、Javaの基礎の基礎をしっかり理解出来ました。そしていざこの本に戻ってみると、最初読んだ時よく分からなかった内容の半分以上はスッと入ってきた感じでした。それからはオリジナルアプリを作るのも簡単なものなら割とつまらずにできるし、ちょっと画面遷移の多いものもネットを駆使しつつ(ネットを理解するにも基礎がいる❗️)何とか作れるようになってきました。やはり、この体験から言語のの基礎を固めることをオススメします!いや、強制したいくらいです(笑)。とにかく本でもネットでも何でもいい、まずは言語を学びましょう!(よくネット記事にも、焦らず言語からというのは書かれています)あと、先に勉強する言語はKotlinよりもJavaをお勧めします。それはKotlinは省略が多く、ソースコードから行われる処理を想像しにくいからです。Kotlinの方が簡単って言われてたりもしますが、ちゃんと学べば個人的にはJavaの方が理解しやすいと思います。

すべての15つのレビューを表示

  • くろくろだ

    すでに次の版が出たようだけど。Android開発の右も左もわからないときに(たった3ヶ月前、、!)助けられた。Kotlinも1章分の解説があり、まずはこれ一冊買うと最低限なんとかなりそう。ただ、やっぱりこの手の本のサンプルって面白そうじゃないというか、作りたいとは思えないのが少し悲しい。自分の好きなキャラクターとかがいたら、全部の画像をそれモチーフでやってみたりすると楽しいかも。アプリ開発自体に慣れているなら、他の本の方がよさそう。 続きを読む

  • nori

    Guide book for Kotlin under Android Studio 3.x It is pity that I do not like java like language, so I will try it next occasion. By the way, I realize that java has steadily grown up like c++ in past. 続きを読む

  • 鰐雨

    Android完全に理解した。……って言いたくなる感じの本。Javaは触ったことあるけど、AndroidもKotlinも知らないよって人へのチュートリアル。入門書としては非常に良い本だ。特に複雑奇怪で面妖なAndroid Studioの使い方を、全てではないにせよきちんと解説してくれてるのは良い。現状、Android Studio使わずに開発とか無理じゃね? って感じなのでとても役にたった。 続きを読む

すべてのレビューを読む