発売日 2018年12月06日(木)

ついに始まった日本経済「崩壊」

著者名:浜 矩子(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9597-6
サイズ:
新書/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・浜 矩子

1952年、東京都生まれ。一橋大学経済学部卒。三菱総合研究所初代英国駐在員事務所所長、同社政策・経済研究センター主席研究員などを経て、同志社大学大学院ビジネス研究課教授。エコノミスト。近著に『どアホノミクスの断末魔』(角川新書)、『世界経済の「大激転」 混迷の時代をどう生き抜くか』 (PHPビジネス新書)など。

Twitter

Load More...
  • アベシ

    私自身はリフレに賛成、なんとしてもデフレを脱却して欲しい、間もなく年金生活者でもあるし、貨幣の価値が目減りしていくのは困ると思っております。この本には実はアベノミクスという政策が21世紀版大日本帝国再建のためのファイナンス政策ではないのかということが言われております。浜先生の分析は鋭く説得力がありました。でも、これまでの日銀だって独立という言葉に自縛状態になり有効な手がうてなかったのでは。日銀のバイタルチェック機能を破壊し、野望を達成しようとするシナリオは秀逸。 続きを読む

  • としP

    金融緩和してるのに、所得が上がらない。 続きを読む

  • 大内 悠芳貴

    2018年度の46冊目は初めて浜 矩子さんの一冊。「これ本気で言ってるの?」と、ある意味ビックリする論理展開に興味をそそられました。 とにかく、批判ばっかりで「じゃあ、どうすれば日本経済が良くなるのか」については全く書かれていませんでした。 続きを読む

すべてのレビューを読む