発売日 2019年06月15日(土)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 15

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥640 (税別)

ISBN:
978-4-7973-9622-5
サイズ:
文庫
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

書籍関連ニュース

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

大森藤ノ(おおもりふじの)
第4回GA文庫大賞で【大賞】を受賞、GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』でデビュー。
代表作:GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(イラスト:ヤスダスズヒト)、
GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア』(イラスト:はいむらきよたか、キャラクター原案:ヤスダスズヒト)

Twitter

  • 過去一つまらない巻

    2.0
    take

    日常回と聞いていたのですが、深層生還後の話しは薄く、もう全部読んで来た読者ならだいたい知ってますよっていう過去の話しを加筆した内容がダラダラと。期待していたものと全然違う内容で少しガッカリでした。物語を進める上で過去の出来事が大事なのもわかりますが、新作というよりは総集編的な手抜き感があり過去のシーンはつまらな過ぎて読むのが辛かったです。読者はその先の話しが読みたいのです。

  • 5.0
    エランド

    普通に面白かったですランクアップすべき人がランクアップ特にレベル1組が成長できたのはこれからの展開でも必須主人公がランクアップ出来るなんてきっと神様の勘違いです。勘違いなら仕方ないリューさんもさっさとレベル5になってほしい皆さん辛口ですが、私は普通に楽しめました各キャラの歴史補完、次巻以降に生きるでしょう他のラノベなら「引き延ばし」と批判されかねない進展のない日常話も、だんまちなら読者も望んだ休息になるだって最近走りすぎだったんだものそんな希有な作品に出会えて感謝です

  • さすがに今回は星3!でも求めていたのも星3

    3.0
    naobecky

    やっと!やっとこさ一息つきました!だいぶ前から…いやもしかしたら最初から息もつかせぬ目まぐるしさで特にここ数巻に関しては「今巻が最高潮!」というのの上書きが続き、正直ベルクラネルにとってのキツイ冒険に読者である自分にもかなりの緊張を強いられていました。ま、それはそれでいいん良かったのですが、ただ、まぁ、ちょっと一息つきたいな…と、あれ?今回発売感覚が短い!もしかしたら軽めのお話かも!!!むしろ今回はそういう方向で期待します!!!と、願っていたので個人的には期待通り!そして最初の方の話はどこかで読んだことあるな?と思ったら後書きで「ああ、なるほど」となりました。あとは、まぁ、電子書籍なので勝手に途中で今回はこういう形で終わるか、ふむふむ、こういうまとめかたねー!と思いながら読んでいたのですが、普通に考えたらそこで終わるはずもなく、次章が始まり思っていたよりも前巻に引きずられていのをいい感じに切り替えることが出来る構成だったようにも思います。

すべての77レビューを表示

  • まりも

    過去最大の危機を乗り越えたファミリアの面々達の現在と昔を描くシリーズ第15弾。BD特典小説の内容を挟みつつ、今回は箸休め的な感じの日常回を久々に楽しめた訳だが、ランクアップしたリリの喜びようが可愛らしくてなんだかホッコリした。こうやって和やかな雰囲気になるのも、前回のあの冒険を乗り越えたからであり、改めて一回りも二回りも大きく成長した彼らの頼もしさを感じることのできる良い日常回だったように思う。ラストのアイズに不穏なものを感じながら物語は新章へ。果たして彼らに待ち受ける次の試練はどうなるのか。乞うご期待。 続きを読む

  • よっち

    深層の決死行を乗り越えて、地上の帰還を果たしたベル達。冒険の成果でそれぞれが成長を果たし、過去のエピソードが綴られる第十五弾。ヘスティア・ファミリアそれぞれの過去エピソードも交えつつ、各自が成長を遂げる描写ではリリの浮かれっぷりが微笑ましいですね。そして何とも残念な結果に終わったヴォルフ…(苦笑)ベルの前ではポンコツエルフと成り果ててしまう(のに自覚してなさそうな)リューが可愛すぎて、春姫もまた健気に頑張っていて、気になるエピローグだったアイズと、ヒロインたちとの今後もいろいろ気になるところではあります。 続きを読む

  • まるぼろ

    前巻にて「遠征」からの帰還を果たしたベル達の束の間の日常と、それにちなんだ其々のキャラの「始まりの日」を追憶するお話です。どの話もその始まりがあったからこそ今があると言った感じのいい話でしたでしたが、エイナさんの話とリリとソーマ神との話はとりわけ印象深かったです。リューさんはこのままヘスティア・ファミリア入かと思いましたが、あるとしてももう少し先ですかね…w エピローグの「英雄」に纏わる話は重いものがありました。そこでのアイズとベルの話も気になりますが次巻はどうやら…、どんな話になるのか今から楽しみです。 続きを読む