発売日 2018年08月07日(火)

医者の本音

著者名:中山 祐次郎(著者)

¥820 (税別)

ISBN:
978-4-7973-9687-4
サイズ:
新書/1色
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中山 祐次郎

中山 祐次郎
1980年生まれ。鹿児島大学医学部医学科を卒業。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。資格は消化器外科専門医、外科専門医、がん治療認定医、感染管理医師など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。Yahoo!ニュース個人連載では2015年12月、2016年8月に月間Most Valuable Article賞を受賞。著書に『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと』 (幻冬舎)。

Twitter

この本のレビュー

  • ぶち

    あの医療小説『泣くな研修医』の著者が著した、医者の立場からお医者様や病院経営の本音を赤裸々に著してくれました。『泣くな研修医』はフィクションでありながら、実際の医療現場の現実や葛藤を正直に語っていると感じ、この著者は医者として信頼できると思いました。そんな現役医師が医者の本音、病院の本音という通常では窺い知ることができない本当のところ(あるいは裏側)を語ってくれています。それは医療の改善を願ってのことであり、医師と患者の両者にとっても有用な情報となっていると思います。 続きを読む

  • バニラ @

    気になっていた本、一気に読みました。 (名医)と雑誌に掲載されているものはあてにならない。ガンからの奇跡の生還に対する考え方、死と老いについて(人の命は平等か)は考えさせられた。医師について色々わかった。 続きを読む

  • Akira

    若いお医者さんってこともあってどうしても浅い内容な話もあったけど、若いからこそ言える事もいっぱい入ってたと思う。特に後半は医者の裏側っていうかプラベートっていうか、医者の一面が見えて面白かった。各科のお医者さんの特徴とかなんとなく分かる気がする。そっか〜 やっぱり、ナースと結婚するパターンが多いんですね。そして、開業医の2代目が狙い目なのか〜(笑)もちろんもっと真面目な話も満載です。読んで損はないよ 続きを読む