発売日 2018年07月06日(金)

長生きしたければのどを鍛えなさい

著者名:大谷 義夫(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9710-9
サイズ:
新書/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大谷 義夫

1963年東京都生まれ。1989年群馬大学医学部卒。九段坂病院内科医長、東京医科歯科大学呼吸器内科医局長、同大学呼吸器内科兼任睡眠制御学講座准教授、米国ミシガン大学留学等を経て、2009年に池袋大谷クリニック開院。医学博士、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医。主な著書に『長引くセキはカゼではない』(KADOKAWA )など。日本一の呼吸器患者数を誇るクリニックの院長として知られ、最近はテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等への出演多数。「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)、「スッキリ」(日本テレビ系)、「ビビット」(TBS系)、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)など数々の番組出演で話題を呼ぶ。

Twitter

Unable to load Tweets

  •  あなたがいつどんな原因で死ぬかは「のど」に刻印されている

    4.0
    スカラベ

    日々の呼吸の大切さに気づかせていただいてから、大谷先生の本を読んでいます。本書を読んでみると、ちょうど、昨年から通い始めた歌のレッスンでのヴォイストレーニングと、「喉トレ」に共通点が多くてびっくり。そういえば、昨年来、あまり風邪を引いたりしなくなったのも、このおかげかもしれません。毎日、呼吸し声を出し美味しいものを食べたり飲んだりするために、動いている喉に思いを至らせました。のど自慢できるっていうのは、健康ってことですね!

  • 5.0
    ウラワフラウ

すべての2レビューを表示

  • kenitirokikuti

    水うがい、風邪予防には効くが、インフルエンザには効果が薄いそうである(喉に入ると、すぐ粘膜に広がるため)。緑茶に予防効果あり、診察医はちょびちょび飲むと良いらしい。鼻汁が喉に流れるタイプの鼻炎持ちはたいそう喉に悪いそうな。おれだ…。 続きを読む

  • Toshiyuki Marutani

    タイトルから、のどの訓練方法の詳しい解説を期待すると、期待外れ。のどと呼吸器疾患の関係の説明がほとんど。あと、全体的に文章がうまくない。 他書の他の目的で書かれたものもいろいろ総合すると、アイウエオベーベロ左右繰り返しをやっていると、いろんな面でよいようだ。 続きを読む

  • 人間万事塞翁が馬

    今日、深田恭子を見ちゃいました。ドラマのロケをやっていたようで、ピンクのド派手なにいちゃんもいました。深田恭子はものすごい顔がちっちゃくて、テレビで観るより3倍かわいいと思いました。いや、テレビで観てもかわいいけど、それよりはるかに圧倒的に。 健康第一!のどを鍛えたいと思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む