発売日 2019年02月06日(水)

暗号通貨VS.国家
ビットコインは終わらない

著者名:坂井豊貴(著者)

¥800 (税別)

ISBN:
978-4-7973-9823-6
サイズ:
新書
ページ数:
216
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・坂井豊貴

坂井豊貴 (さかいとよたか)
慶應義塾大学 経済学部 教授。ロチェスター大学 Ph.D.(経済学)学位。

社会的選択理論、マーケットデザイン、メカニズムデザインが専門。1975年広島県生まれ。
横浜市立大学、横浜国立大学、慶應義塾大学の准教授を経て、2014年に38歳で慶應義塾大学経済学部教授に着任。著書に『多数決を疑う』(岩波新書、2016年新書大賞4位)、『決め方の経済学』(ダイヤモンド社、2016年週刊ダイヤモンド・ベスト経済書3位)ほか。

Twitter

Unable to load Tweets

この本のレビュー

  • KAZOO

    坂井さんのわかりやすい説明によるビットコインの本でかなりこの分野の本を読んできた私にとっては有益なものでした。結構ちまたにあふれている同じ分野の本に比べると説明の仕方などがすっきりしている気がします。私もこのような説明の仕方を参考にしようと思いました。 続きを読む

  • さっとん

    #ブロックチェーン 独特な語り口で、物語を語るように説明に入るので、読む人を選ぶかもしれない。ビットコインが世界を席巻すると戦争がなくなるという説は新鮮で面白いが、結局根本の問題の解決にはなっていないわけで(経済問題や覇権争い、宗教戦争など)、結局資産(どのような形であれ)を持っている人やグループの間で戦争は起こってしまうんじゃないの?と思うんだけど、どうなんだろう? 続きを読む

  • Miyako Hongo

    仮想通貨の生まれた的背景から論理、展望まで。□技術的な原理はそこそこ知ってたので、社会的な意味が面白かった。国家から通貨を引っぺがせば、戦争がなくなる、って発想は目から鱗。たしかに戦費が出せなけりゃ戦争はできんわな(いやでも聖戦は残るかも)。あとイーサリアムって“デモクラティア”ってマンガに出てきた意思決定システムのバックボーンになり得るって理解で良いのかな(合意スピードは無視して)。□個人が何を考え何を買ったかは秘匿されるべき情報だと思ってるんで、支配者不在のこういう仕組みはとても魅力的に見える。 続きを読む