発売日 2018年10月06日(土)

その運動、体を壊します。

著者名:田中 喜代次(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9830-4
サイズ:
新書/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田中 喜代次

田中喜代次(たかな・きよじ)

筑波大学名誉教授。
教育学博士(スポーツ医学専門)。
筑波大学大学院体育科学研究科修了。
大阪市立大学保健体育科講師、筑波大学助教授を経て現在に至る。日本体力医学会理事、日本健康支援学会理事長、日本メディカルフィットネス研究会会長。
ライザップ、カーブスをはじめ、多くのフィットネスクラブでプログラムの開発や監修を行う。
運動、食事、健康のすべてに精通し、運動と健康に関するデータも豊富にそろえている。

  • mura

    スポーツをする、また長く継続していきたい。読メで読まれていたのを見て本書を手に。図書館。運動の長所と短所。「健康華麗な人生(筆者造語)」をおくること。40年以上のスポーツ医学の研究に基づくもの。スポーツ別に書かれている。しかし、大きな収穫なし。ウォーキング、ジョギング、筋トレ、そしてゴルフの項目を拝読。これから健康寿命に注力。先々週、ランニング中に右足内側を痛めた。アスファルトなので良いシューズ、考えないと行けないかもしれない。私の実弟はゴルフのラウンド中に亡くなった。ラウンド1週間前から準備を周到に。 続きを読む

  • けぴ

    拾い読み。一章 運動、五章 体操、六 章 水泳 、八章 サイクリングを読んだ。誰かと競争してやると無理をして怪我をしやすい。自分のペースでやることが大事、という、いたって普通の話でした(^_^;) 続きを読む

  • アキ

    運動は体にいいが、どれだけやればいいのか?は未だにガイドラインもなく、感覚的なものでしかない。繰り返し述べているのは、のめり込んで身体を壊さないようにということ。個人的にはジョギングの項が気になったが、正しいフォームで走るとケガが少なくなるということ。当たり前だが、いつもマラソン後に片方の足が痛くなるのはクセのせい。修正しようにも自分では分からない。いつも思うのは走るフォームは人それぞれ。フルマラソンの全国の平均タイムは4時間36分。来月2回目のフルマラソンは5時間切るのが目標です。まあ、のんびり走ろう。 続きを読む

すべてのレビューを読む