発売日 2018年11月06日(火)

即動力

著者名:田村淳(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9836-6
サイズ:
新書/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田村淳

田村 淳(たむら・あつし)
1973年、山口県生まれ。93年、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」を結成。『金曜★ロンドンハーツ』などテレビのバラエティ番組を中心に活躍。近年は、BSスカパー!『田村淳の地上波ではダメ!絶対!』や九州朝日放送『ロンプク☆淳』などキー局以外にも活躍の幅を広げている。昨年、米シリコンバレーでスタートアップ投資などを手がける会社「Be Blue Ventures, Inc.」を立ち上げた。近著に『日本人失格』(集英社新書)。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • 著者の圧倒的な底の浅さが分かる1冊。「西野亮廣」にはなれない男

    1.0
    きこり

    著者のことはテレビでたくさん見ていて、ある時期は著者の番組を楽しみにしている自分がいたが、段々と思慮の足りない、浅薄さが目に付くようになり、いつしか著者が画面に映っていると、チャンネルを変えるようになった。その理由が自分が年を取って「おもしろい」の感性が鈍ったからだろうか、テレビの規制が多くなりすぎてバラエティ自体がつまらなくなったのだろうか、と色々と考えていたが、この本を読んでなんとなく分かった気がする。要は著者が「変わらないまま過ぎる」のだ。自分のことを言うのは恐縮だが、ここ10年、まがりなりにも社会に出て様々な経験をすることによって、知識・スキル・教養を身に付けてきたつもりだ。そんな「変わった自分」と「変わらない著者」に違和感を感じるのだ。子どもっぽい理屈を言い続け、自分こそが正しいと言い続ける著者。誰かが意見をしてみれば「俺はそう思わない」と一蹴するだけで議論にならない著者。この本の中でも「他人の目は気にしない」といった流行の言葉を並べてはいるが、どれも借りてきた言葉で記憶に残らない。言葉は悪いが「底の浅い」話ばかりで、とても残念だった。その点、西野亮廣はすごいと思う。常に学ぶ姿勢を見せ、自身が経験したことを発信し続けている時代の寵児となった西野氏と著者の違い、両者の本を読めばよくわかる。色々と意見はあるかもしれないが、私は自分をバージョンアップすることを怠っている著者にはシンパシーを感じることはない。最後にタイトルの『即動力』はさすがに恥ずかしい。このタイトルに著者の軽薄さの全てを物語っているように感じる。

  • 今、読んでますよー!これからが楽しみです。。。

    1.0
    アマゾン子

    大好きな淳さん。本が出るのを楽しみにしていました。星ひとつ評価なのは読み始まったばかりだからでホントの評価は最後に入れますので。決して評価が1なのではありませんので気になさらないでください。

  • 「行動力」ではない「即動力」とは?

    5.0
    ホリ

    私は昔からロンドンブーツ1号2号の田村淳さんのことが好きです。オールナイトニッポンのヘビーリスナーでしたし「ロンドンハーツ」は15年以上毎週欠かさず観ています。 前作『日本人失格』が面白くその後の淳さんの考えの変化に興味があったので購入しました!  前作の影響もあり淳さんに対して「行動力ある人だなぁ」「人生を楽しんでいるなぁ」というイメージを抱いていました。  しかし本を読んでみてわかりました。淳さんは確かに人生を楽しんではいますが楽しむ方向に進もうと行動してきたのだと。 しかもただ「行動力」があるだけではダメなようです。「『行動力』ではなく圧倒的なスピードで行動を起こす『即動力』が重要」この本からそう学びました。  この本のラストに「『即動』のための5か条」が紹介されていますが「本当にそれでうまくいくのだろうか?」と疑う前に「書いてある通りに実践してみよう!」と私は動き出すことにしました!  「即動」して、現状を変え、今より楽しんでいきます!  大成功している芸人さんのビジネス書なので説得力がある上におもしろくとてもオススメです!!

すべての12つのレビューを表示

  • 徒花

    まあまあ。ホリエモンさんの多動力をロンブーの淳さんなりの言葉で表現したビジネス書寄せの自己啓発書なんだけど、じゃあ多動力よりわかりやすくておもしろい表現などがされているかというとそうでもない。もちろん、いまになって大学受験をしなおす理由とか、自分が出演しているテレビ番組の裏話やいきさつなどはおもしろい部分ではあるんだけど、どうしてもテレビという特殊な業界である以上、「へー、そうなんだ」でとどまってしまうなあちおうのが所感。 続きを読む

  • なかしー

    著者の自叙伝的な作品。 良い意味でバラエティーでよく見る著者の「軽さ」が文面より出ている。 一歩踏み出すのに尻込みしがちな私には考え付かない点が多々あり、参考になった。 続きを読む

  • Sakie

    田村淳そのままの語り口。人間としては常識的で、テレビ人としては非常識的な思考に好感が持てる。ただ、18才で上京して以来、ずっと都会に住んで都会の速度で生きて来て、コンテンツの賞味期限の極端に短い業界にいるから、行動に移す速さを余計に重視して"生き残れないよ"と煽っている感はあるかな。それだけではないにしても、詰め込みすぎて論旨がぶれ気味でよくわからない。学びたい気持ちを受験に結び付けるやり方は、世間の流れ通りに進学してその意味を自問してきた私には奇妙なものだが、ピュアというか、今どきというか。まあいいね。 続きを読む

すべてのレビューを読む