発売日 2018年10月06日(土)

東大首席・ハーバード卒NY州弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術

著者名:山口真由(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9850-2
サイズ:
新書/1色
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山口真由

山口真由(やまぐち・まゆ)
1983年北海道生まれ。2002年東京大学法学部入学。在学中3年生時に司法試験合格。4年生時に国家公務員I種試験合格。2006年東京大学法学部を首席で卒業後、財務省に入省し、主に国際課税を含む租税政策に従事する。その後、日本での弁護士経験を経て、ハーバード・ロースクールに留学、修了し、ニューヨーク州弁護士資格を取得。現在は東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程に在籍。

Twitter

Unable to load Tweets

  • ごめんなさい

    2.0
    ビビンバ

    7回読みを試しましたが、なかなか良いです。いきなり本気ダッシュではなく、助走があるのがまた良いです。ただ、著者の方のように、7回で覚えられるかと言えば、普通の人には無理だと思います。10回、いや、私のようなアホには14回くらいでしょうか。あと、気になってのが、著者の方は、何か強迫観念に囚われて勉強しているかなあと。直前期に1日19時間勉強とか、尋常じゃないです。そこまでして勉強して、良い点数を取って、資格を取って、一体誰に対して誇りたいのでしょうか?自分に対してだとしたら、そうでもしないと自分を保てないのでしょうか。もっと気楽にいけないのでしょうか。読んでいて何だかかわいそうになってきました。私は、アホで良かったとつくづく思います。

  • 4.0
    Taka

    教科書があり試験のあることに対する勉強法としては、非常に参考になる内容だった。自分が学生の頃に知っていたらよかったとも思える。内容を個人的に要約すると、とにかく教科書を徹底的に読む。早いうちに全てを通読。各階層ごとの読み方をする。7回読みがベストだが、現実的な3回読みに落とし込むと、①読むのではなく眺める。②普通に読む。③要約読み。常に自分を成長曲線で客観視。目標を紙に書いて見える化。実現可能な高すぎない目標を設定。他人ではなく昨日の自分と比べる。環境は人を変える。厳しい競争環境に身を置く。夢と目的を混同しない。目的達成のためには必要最低限、一番の近道を。プラトーとスランプ。あらゆることをする。得意なことに注力。全てに締め切りを設ける。起床、食事、就寝のリズムを変えない。睡眠時間6時間は厳守。0時に寝て6時に起きる。日々のルーティンを設定。決まった時間に決まったことをする。

  • レビュー対象商品: 東大首席・ハーバード卒NY州弁護士が実践! 誰でもできる〈完全独学〉勉強術 (SB新書) (新書)

    清高

    1.内容「東京大学法学部〔原文ママ〕に現役合格し、大学3年生の時に司法試験に一発合格、大学4年生の時に国家公務員Ⅰ種試験(現・国家公務員総合職試験)にも一発合格し」(p2)た著者は、「決して天才ではない」(p2)そうだが、その著者が、どのように受験勉強をして結果を出したかを、7回読み、ならびに大学受験(主に日本史と数学)を中心に説いた本。2.評価本書でも何でも、方法論の本は、①試してみようかなと思ったものを試せばいいと思っていること、②レビュアーが試していないこと、③話としては面白いこと、以上3点の要素を満たしているので、星4つ(②から星5つにはならない)とする。ただ、7回読みはつらい(だから前述の①の部分は弱いが、③のポイントを評価)。p98の「『3回読み』という短縮版」から始めればいいと思った。ここからはレビュアーの表現だが、1回目は下読み(どんなことが書いてあるか)、2回目が熟読、3回目が定着、と言ったところか(レビュアーの独創ではなく、似たような方法論は結構あるはず)。それにしても、高校時代から6時間睡眠で頑張り(p193)、司法試験の口述試験(著者受験当時)の時に3時間睡眠で、モチベーションが高ければ、結果を出すなぁ、と思った(睡眠もモチベーションを保つのも大変。レビュー読者の大半の身に覚えがあるだろう)。山口さん、やっぱ天才じゃないですか。

すべての5レビューを表示

  • たか

    教科書を徹底的に読む。早いうちに全てを通読。各階層ごとの読み方。現実的な3回読みに落とし込むと、①読むのではなく眺める。②普通に読む。③要約読み。常に自分を成長曲線で客観視。目標を紙に書いて見える化。実現可能な高すぎない目標を設定。他人ではなく昨日の自分と比べる。厳しい競争環境に身を置く。夢と目的を混同しない。目的達成のためには必要最低限、一番の近道を。プラトーとスランプ。あらゆることをする。得意なことに注力。全てに締め切りを設ける。起床、食事、就寝のリズムを変えない。6時間睡眠。0時に寝て6時に起きる。 続きを読む

  • 不動 明

    二回目です。読みやすいし読んでて山口さんからの勉強エナジーを戴けてる感じがしました!また読もうと思います! 続きを読む

  • 不動 明

    これは良かった!七回にこだわらなくていいからとにかくサーチライトを照らすが如くページをめくる、フォトリーディングのミカンよりはこちらの方が自分には合っていると感じた。読んで良かったと思えた一冊でした。 続きを読む

すべてのレビューを読む