発売日 2019年03月06日(水)

英国人記者だからわかった日本が世界から尊敬されている本当の理由

著者名:ヘンリー・S・ストークス(著者) 藤田裕行(翻訳・構成)(訳)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9904-2
サイズ:
新書
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ヘンリー・S・ストークス

訳・藤田裕行(翻訳・構成)

ヘンリー・S・ストークス
ジャーナリスト。1938年英国生まれ。
1961年オックスフォード大学修士課程修了後、フィナンシャル・タイムズ入社。
1964年来日、同年『フィナンシャル・タイムズ』東京支局長、1967年『ザ・タイムズ』東京支局長、
1978年『ニューヨーク・タイムズ』東京支局長(兼ソウル支局長)を歴任。
三島由紀夫と最も親しかった外国人ジャーナリストとして知られる。
著書に『三島由紀夫生と死』(清流出版)『なぜアメリカは対日戦争を仕掛けたのか』『英国人記者が見た世界に比類なき日本文化』
(加瀬英明氏との共著/祥伝社新書)『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)『外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐欺を暴いた』
(悟空出版)『英国人ジャーナリストが見た現代日本史の真実』(アイバス出版)『目覚めよ! 日本』(植田剛彦氏との共著/日新報道)
『戦争犯罪国はアメリカだった! 』『大東亜戦争は日本が勝った』(ハート出版)などがある。

Twitter

  • 魔王

    日本について知りたいことが、細かくないがかかれていたので面白かった。日本について知らないことばかりの世代が増えている。そろそろ国が動いてくれないかなと思う。メディアが駄目でも今はYouTube等で見れる時代。メディアに左右されずに訴えてほしい。 続きを読む

  • cocolate

    なんか途中で、先日よんだ「渡部本」と同じこと読んでるきになってきたずら。日本が悪者だったとしたほうがお得な人がいるのか。WGIPの洗脳とはおそろしい。。。洗脳されているたぶん。。。。 続きを読む

  • イト

    「さすがにそれは日本びいきすぎでしょ」とビックリなところも多々あるが、そういう見方もあるのか~と楽しく読んだ。 続きを読む

すべてのレビューを読む