発売日 2019年06月06日(木)

定年をどう生きるか

著者名:岸見一郎(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-7973-9997-4
サイズ:
新書
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・岸見一郎

哲学者。1956年京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。専門の哲学と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的に執筆・講演活動を行っている。著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(ともに古賀史健と共著、ダイヤモンド社)、『アドラー心理学入門』(ベスト新書)、『生きづらさからの脱却』(筑摩選書)、『アドラーをじっくり読む』(中公新書ラクレ)、『幸福の哲学』(講談社現代新書)、『老いる勇気』(PHP研究所)、『成功ではなく、幸福について語ろう』(幻冬舎)、『プラトン ソクラテスの弁明』(角川選書)など多数。

Twitter

  • 団塊シニア

    人間の価値はなにかを達成しないと成功でなく生きるということ、会社に行かなくても生きているということ自体が働いてることと考えればいいという作者の言葉には納得できる。 続きを読む

  • coldsurgeon

    定年をまじかに控え、どう生きるかを考えながら、読む。定年となることが特別なことでなく、また衰退への一歩というわけではない。一つの変化ととらえ、今日という日を今日という日のために生きるという姿勢をとることが重要だ。生きるということは、良く生きるということであり、幸福であるという状態を感じて生きることでもある。対人関係を作りながら、読書を楽しみ、地に足がついた生き方をすることが大切だ。人間の価値は生産性にあるのではなく、生きることにあるという言葉に、勇気づけられる。 続きを読む

  • minato

    なんとなく言いたいことは分かった。 が、いちいち大昔の哲学者なぞ持ち出されて無理やりくっつけられても無理がある。もっと平易な文章でわかりやすくできないものか?著者の学を見せびらかせているだけにしか思えない。そもそもサラリーマンとして定年まで全うしていない著者に定年後のことが本当にわかるのか? 続きを読む

すべてのレビューを読む