発売日 2019年03月06日(水)

読まずにすませる読書術
京大・鎌田流「超」理系的技法

著者名:鎌田浩毅(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-8156-0009-9
サイズ:
新書
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鎌田浩毅

1955年東京都生まれ。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所、米国内務省カスケード火山観測所を経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学・地球科学。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。著書に『理科系の読書術』『地球の歴史』(以上、中公新書)、『世界がわかる理系の名著』(文春新書)、『座右の古典』(ちくま文庫)、『火山噴火』(岩波新書)、 『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書)、『地球とは何か』(サイエンス・アイ新書)など多数ある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 混沌

    【体癖に注目】読メで知った本。体癖という考えは初めて。ふだんから私は身体感覚を非常に重視しているし、とてもしっくりくる内容。私自身は2種(上下)、6種(前後)、8種(ねじれ)の順で強いのではないかと思う(ウィキペディアの項目読むと、どうも1種、5種、8種の順か)。P160の例で『サピエンス全史』はまさにドはまりだし、同時に『君たちはどう生きるか』の高2の時の感想もビンゴ(笑)。若いころは前後、ねじれが強かったのだと思う。8割はまさに追認。千田本で学んだこととの共通点多し。そうそう京大生並みに本読む人向き。 続きを読む

  • kubottar

    読書術や速読術の本ばかり読んでいる人に警告する内容。たとえば本棚に「整理術」や「片付け術」の本がたくさんあったら、結局何のために読んでいるのかわからなくなる。もちろん、読書はしたほうがいい。だが、本を読むことが目的になると何が何やらわからなくなり、他人の思考をトレースするだけで、自分の頭を使わない人間になってしまうことに警鐘を鳴らす。要は、今の自分が読みたい本を読む。しかし、無駄な知識を過剰に詰め込まない。それが大事だと教えてくれる、とても優しい本だと感じました。 続きを読む

  • なお

    読書で完璧を求めない。有限である時間を上手く使える様に読まなくていい本の選書方法など分かりやすく記載されています。 続きを読む

すべてのレビューを読む