発売日 2019年10月05日(土)

医者の大罪
医療サギに殺されない39の心得

著者名:近藤誠(著者)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-8156-0076-1
サイズ:
新書
ページ数:
244
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・近藤誠

近藤 誠(こんどう・まこと)
一九四八年東京都生まれ。七三年、慶應義塾大学医学部を卒業し、同大学医学部放射線科に入局。八三年より同大学医学部放射線科講師を務め、二〇一四年に定年退職。専門はがんの放射線治療。米国留学時代に出会った乳房温存療法に感銘を受け、日本での普及活動に尽力。「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」を運営し、一般向けにがんの啓蒙活動と執筆を精力的に行っている。著書に『医者に殺されない47の心得』(アスコム)などがある。

Twitter

  • 医者は平気で、病気をねつ造する

    5.0
    ロビーナ

    おびただしい数の凡庸な健康書が氾濫する中、本書だけは少しじっくり取り組みたい。これまで近藤書は常にアップツーデートな情報を読者に分かりやすく提供しながら誤れる医療観を排除してきた。これは常人にはできない恐ろしく難解な作業である。自然科学、医学領域のきわめて専門的な内容を一般読者に容易に、そしてクリアに伝える力量を備えるスポークスマンはわが国でほぼ存在しない。その中で近藤氏はおそらくただ一人、長年にわたる膨大な文献渉猟と卓越した筆致でそのミッションを遂行しつつ既成の医療観、世界観との決別を説く。近藤書がいずれもベストセラーとなる所以はそこにあるに違いない。近藤氏はここ20年以上、錚々たる論客との辛辣なディベートを様々なメディアで披歴している。「かつての論争集のいくつかは今でも入手可能。常に冷静な近藤氏に対して、品位を疑わざるを得ない相手方の異様な敵意と言動から医療界の特異ともいえるムラ社会が把握でき是非お勧め。」かつて近藤氏にお会いした際、その近藤理論論争について伺ったことがある。近藤氏は意見は異なれど実際に対論を許諾した相手「最近では林氏、大場氏、神前氏など」に一定の敬意を示されていたのが印象的である。同時に近藤氏は一方的に中傷を繰り返しながらも、直接対談「どういうわけか往復書簡なら許諾」だけは徹底拒否の長尾和弘氏と直接対談直前、敵前逃亡した勝俣範之氏の姿勢は非建設的と断じる一方、今後もアンチ近藤論者との公開ディベートは大歓迎とのスタンスであった。近藤氏まさに恐るべし、である。

  • 5.0
    Assassin d'Alsace

  • 人間の体は人間が創ったものでないし、医者は神じゃない

    5.0
    ドートマンダー

すべての7レビューを表示