発売日 2019年11月06日(水)

日本の貧困女子
<都市vs地方> 女子大生、人妻、JK……「カラダを売る女たち」のいまに迫る!

著者名:中村淳彦(著者)

¥870(税別)

ISBN:
978-4-8156-0123-2
サイズ:
新書
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中村淳彦

ノンフィクションライター。代表作に「名前のない女たち」シリーズがあり、劇場映画化もされる。高齢者デイサービスセンターを運営していたが手を引き、現在はノンフィクション、ルポルタージュを執筆。著書に『東京貧困女子。』(東洋経済新報社)、『職業としてのAV女優』『ルポ 中年童貞』(ともに幻冬舎新書)、『崩壊する介護現場』(ベスト新書)、『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』(コア新書)、『日本の風俗嬢』(新潮新書),『女子大生風俗嬢』(朝日新書)、『熟年売春』(ミリオン出版)など多数。

Twitter

  • shushu

    いつの時代にどんな家にどんな親の元にどちらの性別で生まれるかで人生の大半は決まってしまう、と私は日頃うそぶいているが、この本を読むとさらにそう思う。関東も東京及びその近郊と通勤圏でないエリアは大違い。沖縄の貧困と逃げ場所のなさはそれに輪をかけて酷い。 続きを読む

  • たかちん

    東京、北関東や沖縄の貧困女子の現状と貧困に至った経緯を紹介。 どの女性の話も悲惨の一言に尽きる。 特に沖縄の貧困家庭に生まれた女性は、かなり可哀想な状況。 中学生が体を売らないと暮らせない状況は、行政が介入すべき由々しき事態だと思った。 また、DVや男尊女卑の土地柄の話題など広く国民が共有し改善に向けて取り組む問題がたくさん! 続きを読む

  • パラダイス農家

    さまざまな属性の『貧困女子』にインタビューした内容をまとめたルポルタージュ。壮絶な貧困話ばかりだけども、母数が少ないのでこの本に書かれたことがすべてではない。貧困女子たちのエピソードは極端過ぎる例かもしれないし、巨大な『貧困氷山』の一角かもしれない。とにかく、内容が(著者・話者・編集者に)盛られている・あるいはあまりに壮絶すぎてカットされた部分もあると思うので、「ここに書かれていることだけがすべてではない」ってことは念頭に置かないといけないなと思った。 続きを読む

すべてのレビューを読む