発売日 2019年09月06日(金)

麹町中学校の型破り校長 非常識な教え

著者名:工藤勇一(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-8156-0131-7
サイズ:
新書
ページ数:
216
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・工藤勇一

1960年山形県鶴岡市生まれ。東京理科大学理学部応用数学科卒。山形県公立中学校教員、東京都公立中学校教員、東京都教育委員会、目黒区教育委員会、新宿区教育委員会教育指導課長等を経て、2014年から千代田区立麹町中学校長。教育再生実行会議委員、経済産業省「未来の教室」とEd Tech研究会委員等、公職を歴任。『学校の「当たり前」をやめた。―生徒も教師も変わる!公立名門中学校長の改革』が初の著作となる。
◎メディア出演:おはようニッポン、林修の初耳学、「未来を拓くコラボ教育」TOKYO MX、「モーニングCROSS」、NHK「ニュースウォッチ9」(5/9)NHK Eテレ『学びが変わる!教育最前線2019』など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • たか

    非常にわかりやすくまとまっていて参考になった。麹町中学校の取り組みのひとつひとつにちゃんとした理由があってそれがわかりやすく説明されていた。読んでよかった。いろいろと取り入れていきたい。 続きを読む

  • 赤い熊熊

    宿題を全部ちゃんとやったことなんかありません。小学校より中学校、さらに高校と学齢が上がるほど、やる宿題を選別する技能が必要です。全部やってたら自分の勉強出来ないですから。ちゃんと宿題やっていたら、それなりの大学にしか行けなかったと思います。だから、「宿題はなくす」という工藤さんのやり方には大賛成です。 続きを読む

  • isao_key

    本作は、麹町中の取り組みと40年余の教員生活で養われた思考をベースにまとめた、親に向けての子育て論。麹町中では、宿題、定期試験廃止、頭髪・服装の校則撤廃、担任制廃止、など現行の教育の枠組みでは異端だと言える。目標とするのは、「自律した子ども」を育てることで、「人のせいにしない子ども」である。教育にも多様性や生徒たちの自主的な学びが求められているが、その実、カリキュラム数を増やしたり、外部の講師を呼ぶだけで、根本となるそもそも宿題や定期試験、校則に意味があるのかを疑ってもいない。工藤校長の手腕は見事である。 続きを読む

すべてのレビューを読む