発売日 2019年09月06日(金)

麹町中学校の型破り校長 非常識な教え

著者名:工藤勇一(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-8156-0131-7
サイズ:
新書
ページ数:
216
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・工藤勇一

1960年山形県鶴岡市生まれ。東京理科大学理学部応用数学科卒。山形県公立中学校教員、東京都公立中学校教員、東京都教育委員会、目黒区教育委員会、新宿区教育委員会教育指導課長等を経て、2014年から千代田区立麹町中学校長。教育再生実行会議委員、経済産業省「未来の教室」とEd Tech研究会委員等、公職を歴任。『学校の「当たり前」をやめた。―生徒も教師も変わる!公立名門中学校長の改革』が初の著作となる。
◎メディア出演:おはようニッポン、林修の初耳学、「未来を拓くコラボ教育」TOKYO MX、「モーニングCROSS」、NHK「ニュースウォッチ9」(5/9)NHK Eテレ『学びが変わる!教育最前線2019』など多数。

Twitter

  • 現場のマインドだよ、変えるべきは👍

    5.0
    N takahiro

    中学校に勤務していて常々苦々しく思う事があります。宿題をやって来なかった生徒をどんな悪い事をしたのかと思うぐらいに怒る先生の多い事。教員の多くはきっと自身が中学生の頃、宿題をコンプリートしていたのでしょう。その成功体験があるから、「良かれ」と信じて大量の宿題を課して、やらない事を罪悪と考えるんでしょうか。僕は宿題をコンプリートしたことなどありません。プラモデル造りたいし、勉強もしたい。宿題に浪費する時間なんてないのです。ちゃんと宿題をやっていたら受験に失敗していたかもしれません。生徒には教員の想定をはるかに超える才能を持っている可能性があります。その可能性の芽を宿題が摘んでいないか。と、長年思っていたら、自分じゃない人の口から自分が言いたかったことを説得力ある言い方で語ってくれる本に出会いました。宿題は学力向上という「目的」のための「手段」のひとつです。宿題に拘泥ることは、手段が目的化してしまっていることになる。なるほどです。僕が上手く言い表せなかった事を分かりやすく説明されています。また、学校の先生は「みんなで心を一つに」して、特別行事に取り組むのが大好きです。僕はそれにも違和感があります。その雰囲気に馴染めない生徒はどんなに居づらいだろうかと。そんなお話もあります。学校というものは簡単に変えられるものではありません。自身の成功体験に裏付けられた教員の指導のポリシーはほとんど絶対的な教義のようにも感じます。同じような成功体験を持った教員が集い、多様性に乏しいのが学校です。それでも、問題意識を共有する教員が増えれば、何かしら変革は出来そうです。本書をその手引き書としたいと思います。

  • 5.0
    hiro

    工藤校長の2作目となる今作は、前作『学校の「当たり前」をやめた。』に書かれている改革を、どのような理念のもと取り組まれているのか詳しく書かれています。そしてその理念を家庭教育と結びつける一冊になっています。子供たちが10年、20年後の社会でより良く生きていくために何を身につけていくべきなのかなどが詳しく書かれております。今作を読むことで、世界と比べて現在の日本の教育がいかに遅れをとっているのか考えるキッカケにしてほしいです!

  • Amazonで購入

    辻 史朗

すべての68レビューを表示

  • Babachan.com

    テレ東の番組で麹町中の事が取り上げられて気になっていた。公立の学校でよくここまで改革できるものだと心底驚ろいた。 続きを読む

  • たか

    非常にわかりやすくまとまっていて参考になった。麹町中学校の取り組みのひとつひとつにちゃんとした理由があってそれがわかりやすく説明されていた。読んでよかった。いろいろと取り入れていきたい。 続きを読む

  • 赤い熊熊

    宿題を全部ちゃんとやったことなんかありません。小学校より中学校、さらに高校と学齢が上がるほど、やる宿題を選別する技能が必要です。全部やってたら自分の勉強出来ないですから。ちゃんと宿題やっていたら、それなりの大学にしか行けなかったと思います。だから、「宿題はなくす」という工藤さんのやり方には大賛成です。 続きを読む

すべてのレビューを読む