発売日 2019年08月06日(火)

倒産の前兆
30社の悲劇に学ぶ失敗の法則

著者名:帝国データバンク 情報部(著者)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-8156-0146-1
サイズ:
新書
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・帝国データバンク 情報部

帝国データバンク情報部(ていこくでーたばんくじょうほうぶ)

1900年創業の民間信用調査会社。国内最大の企業情報データベースを保有。帝国データバンク情報部は、中小企業の倒産が相次いだ1964年、大蔵省銀行局からの倒産情報提供に応じるかたちで創設。情報誌「帝国ニュース」の発行、「全国企業倒産集計」などを発表している。
主著に『なぜ倒産』(日経BP社)『御社の寿命』(中央公論新社)『あの会社はこうして潰れた』(日経BP社)などがある。

Twitter

  • 前作も購入したけど

    2.0
    yamazon.

    前作も購入して失敗したと感じたのに、懲りずにまた買ってしまった・・・。はっきり言って失敗です。ズバリ倒産した理由の経緯が分からない。売り上げが減ったから。粉飾決算してたから。親会社が潰れたから。そんなことはみんな知ってる。知りたいのは、「なぜ」です。売り上げ減にいたる経緯。粉飾しなければならなかった理由。親会社が倒産したらなぜ子会社も倒産したのか?つっこみが足りない。なぜか?それは取材していないから!

  • 1.0
    Amazon カスタマー

    書いてあることは競合に勝てなかった話と投資が上手くいかなくて負債に変わった、それからコンプラ違反、時流に乗れなかったから潰れたという話です。で?っていう本でしたね。普段書かないレビューだけどこの本のひどさを伝えるためにはここに書かなければという使命感で書いてます。1000円以下の本なんてこんなものかなと思ったけどもっといい良書はいっぱいあるからね。そう思うと腹が立ってくるね。時間と金を返して欲しい。牛丼の方が本質的な価値が高いです。僕はこの程度の本を世の中に出せることに驚いています。中身の薄い本なのでぜひ読んでみてください( ˙▿˙ )☝

  • Amazonで購入

    gl510

すべての13レビューを表示

  • シェンゲン🔑🌟縛り越えたら🏃‍♂️✈️マイルか車でヨーロッパ周遊します(指折り数えて眠る)

    黒字倒産のデータをまじまじと研究した事があるが、国内の企業サイクルが物凄く短くなっていると思う。今後のキーは、M&Aの発展系のように考える。 続きを読む

  • てつJapan

    「あの会社はこうして潰れた」と比べると知らない企業が多く、はまれなかった。 続きを読む

  • Teo

    何種類かにパターン化されている。時代の流れに対応しなかった会社、経営者が放漫経営だった会社、これらが倒産すべくして倒産している。そしてその前兆は、と言うとちょっと何とも。大抵は売上や利益が逓減していってそれに対応する事業計画もない場合はいつか倒産するだろうと言うのは分かりやすいだろう。しかし隠蔽しておいて突然倒産と言うのはちょっとどうにもならない。 続きを読む

すべてのレビューを読む