SBクリエイティブ

定年夫婦のトリセツ

黒川伊保子:著者

大ベストセラー『妻のトリセツ』著者である、男女脳の専門家が教える 定年夫婦におくる『夫婦のトリセツ』

■目次:
はじめに 夫婦のツケは定年後に払うことになる
第1章 夫婦はなぜムカつきあうのか ~夫源病、妻源病の正体
第2章 定年夫婦のための「準備」と「心構え」 ~定年までに準備するもの・こと・心構え
第3章 「夫の禁則」7ヵ条 ~これからの30年をダイヤモンドにする方法
第4章 「妻の禁則」7ヵ条 ~これまでの30年をダイヤモンドにする方法

定価:880円(本体800円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2019年4月6日(土)
  • ISBN:978-4-8156-0163-8
  • サイズ:新書
  • ページ数:168
  • 付録:-
脳科学が教える「コワい妻」「ポンコツ夫」の処方箋

「男と女は脳の作りが違う」とはよく言われるが、夫婦がともに過ごすことになる定年後は、お互いを理解する「夫婦のマニュアル」(トリセツ)が必要になる。夫は妻(女)の脳を理解し、妻は夫(男)の脳を理解しよう!

・夫は共感力を身につけ、妻は夫の「ぼうっと」を許そう
・夫婦の「定番」を作り直そう
・記念日が運命の分かれ道
・夫婦がやってはいけない5つのこと

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

1959年、長野県生まれ。人工知能研究者、脳科学コメンテイター、感性アナリスト、随筆家。奈良女子大学理学部物理学科卒業。コンピュータメーカーでAI (人工知能)開発に携わり、脳とことばの研究を始める。1991年に全国の原子力発電所で稼働した、“世界初”と言われた日本語対話型コンピュータを開発。また、AI分析の手法を用いて、世界初の語感分析法である「サブリミナル・インプレッション導出法」を開発し、マーケティングの世界に新境地を開拓した感性分析の第一人者。近著に『妻のトリセツ』(集英社ンタ―ナショナル)、『女の機嫌の直し方』(集英社インターナショナル)、『夫婦脳』(新潮文庫)など多数。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る