発売日 2019年12月06日(金)

「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する

著者名:田中康雄(著者)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-8156-0260-4
サイズ:
新書
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田中康雄

現在、「こころとそだちのクリニック むすびめ」院長。北海道大学名誉教授。児童精神科医師。臨床心理士。 ◎1958年栃木県生まれ。1983年に獨協医科大学医学部を卒業後、旭川医科大学精神科神経科、同病院外来医長、北海道大学大学院教育学研究院教授、附属子ども発達臨床研究センター教授などを経て現職。 ◎発達障害の特性を持つ子どもとその家族、関係者と、つながり合い、支え合い、認め合うことを大切にした治療・支援で多くの人から支持されている。 ◎『ADHDとともに生きる人たちへ: 医療からみた「生きづらさ」と支援』(金子書房)、『生活障害として診る発達障害臨床』(中山書店)、『ADHDのある子を理解して育てる本』 (学研プラス)など著書多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • Asakura Arata

    診断が出るとそこで思考停止してしまいがちであることに注意を促す本。子供は一人一人違うと言うことを、常に頭に入れておく。田中先生の日常診察での思考過程や関わり方が具体的に書いてあり、とても参考になった。 続きを読む

  • shizuca

    子育てをしていて避けてとおれないのが、我が子の周りにいる子達との関わり。子ども同士の関係だから口を出すのは、とも思うけど、「◯◯ちゃんってひどいんだよ」や「あの子変だから遊ばない」と言うときに、その意見に同調して離れるのではなく、一度子どもと一緒にその子について違う角度から考えてみたい。そして我が子もそういう風に一面からでなく多角的に見てもらいたいし、そんな一面もあるよねと寛大に受け止めて欲しいし、受け止められて欲しい。いろんな子がいるからすべての子と仲良くするのは不可能だけど存在を認める事はしてほしい。 続きを読む

  • katakata

    子供との向き合い方、発達障害という医学的な診立てを持ちつつその子の個性を理解する。そして子供を中心とする家族、先生、医師との関わり方。結局のところ、発達障害だからと一言で済ませてしまわず、愛を持って子供含めた家族へ思いを馳せ、寄り添い共に助け合うことが何より大切であることを思い知らされました。癇癪持ちですぐ手をあげる娘と日々奮闘する妻の苦労を理解するのに十分すぎる内容でした。 続きを読む

すべてのレビューを読む