SBクリエイティブ

裁判官失格

高橋隆一:著者

――法と正義の間(はざま)で揺れ動く葛藤

悲しみ、涙、嘆き、苦悩、葛藤、温もり、想い、怒り、悔しさ……。

法律に基づいて客観的に人を裁く裁判官。よほど「私情」とは縁遠い存在に思える。

しかしそうは言っても、裁判官も人の子。血もあれば涙もあるし、情にほだされてしまうときだってある。
死刑と無期懲役との間で葛藤もするし、モラルのない弁護士がいれば法廷で怒るときもある。殺人犯の更生を願いもするし、逆に涙する被告人に対して非情にふるまう女性裁判官だっている。

もしかすると、裁判官は誰よりも人間味に溢れた存在なのかもしれない。

本書では、30年以上民事・刑事・家事・少年という多種多様な事件を担当してきた元・裁判官が、実際に体験した法廷でのさまざまな”ドラマ”を交えながら、普段はドライにふるまう裁判官の「本音」を明かしていく。

【目次】
はじめに 人間味に溢れる裁判官たち

第1章 法廷はドラマに溢れている――裁判官の悲しみと涙
・死刑にすべき犯人に無期懲役を下すということ
・殺人を起こした少年に垣間見た心
・平成初の少年死刑囚
・ある死刑囚と検察官の深い交流
・スナックのママと無理心中した裁判官
・裁判中、何を考えているか? など

第2章 裁判官だって、最後まで迷っている――裁判官の苦悩と葛藤
・オウム麻原に宗教を勧めた男
・世間が納得できない裁判についてどう思うか?
・起訴されない以上、踏み込めない
・闇に埋もれていく多くの事件
・消えた原告――裁判は小説より奇なり
・裁判所にロールスロイスで来る原告 など

第3章 1人でも受け入れてくれるなら説諭をする、たとえ裏切られても――裁判官の温もりと思い
・被告人の更生、説諭への想い
・説諭をした少年からの言葉
・少年事件に熱心だった先輩裁判官
・右陪審でも信念を貫く裁判官
・「有罪率99.9%」にも屈しない無罪判決の本音 など

第4章 裁判官の胸の内――裁判官の怒りと悔しさ
・被告人が話を聞いてもらえないことがある
・前科をどうとらえるか?
・モラルに反する弁護士
・原告による証拠書類の変造
・そもそも裁判所に来る時点で醜い など

第5章 裁判官こぼれ話
・三角関数で事件を証明する検察官
・仕送り月35万円でもやめられない 高齢女性のクレプトマニア
・裁判官はニュースを見るのか?
・司法修習生の生活 など

定価:913円(本体830円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2019年12月6日(金)
  • ISBN:978-4-8156-0317-5
  • サイズ:新書
  • ページ数:192
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・高橋隆一

東京都生まれ浅草育ち。早稲田大学法学部卒業。 1975年に裁判官任官後、31年間の長年にわたり民事・刑事・家事・少年という多種多様な事件を担当。2006年3月千葉家裁少年部部長裁判官を最後に退官。その後、2006年4月遺言や離婚契約の公正証書の作成などに携わる公証人になる。2016年8月退職。趣味は昆虫採集、登山、スキー、陶芸等。 現在 弁護士(東京弁護士会所属)。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る