発売日 2020年03月10日(火)

こじらせ王太子と約束の姫君

著者名:栗須まり(著者) 村上ゆいち(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-8156-0360-1
サイズ:
46判
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・栗須まり

著:栗須まり
「小説家になろう」で活動中。本作でデビュー。

イラスト:村上ゆいち
ライトノベルのイラストや漫画を手掛けるクリエイター。『森のほとりでジャムを煮る ~異世界ではじめる田舎暮らし~』(カドカワBOOKS)、『異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています』(レジーナCOMICS)、『ログインボーナスでスキルアップ ~寝て起きて成り上がる~』(GAノベル)などを担当。

イラスト・村上ゆいち

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 続きます

    3.0
    ひよママ

    一冊で終わらなかったところが不満でした。ストーリー自体は、まあ面白いと思いました。何箇所か、意趣返しに姫と側近がつるんで一芝居うつ部分がありますが、ちょっと演劇寄り過ぎて説得力がなく、強引に進めたなという印象で、あまり読みたくない部分でした。設定は、どう考えても無理だろ、と思うところもありますが、深く考えずに読めばそれなりに楽しめます。恋愛要素としては、この巻ではヒロインは恋未満な感じで、男性側の方が想いが強いです。おバカな脇役は意外に楽しめましたし、恋愛模様の結末は気にならないこともないですが、私は二巻は買わないですね。

  • 最悪

    2.0
    うーさん

    何巻と書いていないのに完結しませんでした途中からこの展開とこの残りのページ数ではおかしいなと思い表紙を見直しましたが何巻とは記載なく、騙された感じですなろう系なのでそちらに掲載されているものを読んだ人はわかるんでしょうが読んでいない私は何も知らずに購入してやられた感じです。あとがきでは、またお会いする機会があればと書いてありますのでまだ決まっているわけではなく売り上げによって決まるんだと思いますので読者に対して不親切な出版社だなと思いました。内容は中盤までのイメージと後半の内容が変わっている印象でした姫とこじらせた王太子の話だけかと思えば途中から王太子の兄が登場して寧ろそっちがヒーローか?と思うような展開姫の初恋の相手はこの本だけでいえば兄になり、その兄も姫に本気どこかでどんでん返しがないとこのまま2人はくっつきそうですが、王太子はどうするんでしょうか?展開で想像するのは全員の勘違い、または狂った兄がなんらかの事件を起こして亡くなるとか…そうでもないと姫と王太子は結ばれなさそうですセリフがなんとなく拙い印象を受けるのと、ストーリーがこの一冊で終わっていないのが悪いんだと思いますが妖精の件も宙ぶらりんのまま、とっちらかった状態で一冊終わってしまったので不完全燃焼キャラクター達はわかりやすく個性あるのだけが良かったですとりあえず終わらないのに一巻と明記しない不親切なのはやめてほしいのと展開は気になるけれど続編は買わないかなと思いました

すべての5つのレビューを表示