発売日 2019年11月14日(木)

最弱無敗の神装機竜《バハムート》19

著者名:明月千里(著者) 村上ゆいち(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-8156-0455-4
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・明月千里

『月見月理解の探偵殺人』で、第1回GA文庫大賞《奨励賞》を受賞し、デビュー。 『眠らない魔王とクロノのセカイ』『妹様による、俺ルート攻略・ラブコメ理論』等。

イラスト・村上ゆいち

  • 待ったかいがありました

    5.0
    春夏秋冬

    続編を楽しみにしていたので、1日で読んでしまいました。とても楽しかったです。続編楽しみにしています。

  • 4.0
    Amazon カスタマー

    今回はバトル色が多かったのですが予想していたよりも良かったです。次回が最後らしいのでぜひともハーレム展開を期待します。

  • いいっ!

    5.0
    ユナっ子

    期待通り!

すべての4レビューを表示

  • よっち

    『聖蝕』による、世界崩壊の危機を食い止めたルクスたち。死闘の傷を癒すためささやかな休息の宴を開く中、ルクスは世界改変の黒幕である強大な敵を討つか否か、重大な選択を迫られる第十九弾。大聖域に残された、フギルも知らない千年前の記録の真相と、救世に懸けた皇女アーシャリアの想い。全てを知ったルクスたちが挑む『始まりの英雄』フギルとの決戦。少女たちと戦った総力戦でしたけど、その勝敗を分けたのは最後まで諦めないルクスと彼を信じて戦った彼女たちとの絆でしたかね…。次巻が最終巻で丸々一冊使ったエピローグに期待しています。 続きを読む

  • nishiyan

    世界崩壊の危機を食い止めたルクスたちはつかの間の休息の宴を開くのだが、世界改変の黒幕である強大な敵を討つか否かを迫られる本巻。フギルの過去、アーシャリアの想いが語られ、ヒロインたち総動員による最終決戦と物語のラストを飾るに相応しい展開。裏切りの一族の末裔である「黒き英雄」と「始まり英雄」の戦いは熱く、最後はルクスらしく甘さと優しさをないまぜにした形でよかった。次巻はエピローグとのこと。ルクスはヒロインたちの誰と結ばれるのか、とても楽しみです。 続きを読む

  • 真白優樹

    世界崩壊の危機を阻止し、細やかながらも休息の宴を開く中、フギルとの決戦の時が迫る今巻。―――最古と最新、死線を分けるはその手に抱えた幾多の絆。 全ての常識を好きに塗り替える竜、其れを従えるは最強の英雄。フギルを相手にルクスと仲間達が力を合わせ、文字通り全員で背負い抱える英雄の姿を示す、最後の古き壁を越え新世代の力と可能性が結実する、決戦の熱溢れる最後の熱さがある巻である。崩壊を越え守られた世界、而して傷は残り、古き者達は舞台を去る。果たしてこの世界を背負い歩き出すルクス達の道の先は。 次巻も楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む