発売日 2020年01月07日(火)

ルポ 定形外家族 わたしの家は「ふつう」じゃない
わたしの家は「ふつう」じゃない

著者名:大塚玲子(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-8156-0424-0
サイズ:
新書
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大塚玲子

大塚玲子(おおつか・れいこ)
「定形外かぞく(家族のダイバーシティ)」代表。出版社、編集プロダクションを経て、ノンフィクションライターとして活動中。PTAなどの保護者組織や、多様化する家族を取材・執筆。これからのPTAのあり方や改善方法、多様な家族のあり方等について講演活動にも力を入れる。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 香菜子(かなこ・Kanako)

    ルポ 定形外家族 わたしの家は「ふつう」じゃない。大塚玲子先生。定型家族、ふつうの家、そんな枠組みは現代社会に合っていません。配偶者間人工授精、非配偶者間人工授精、夫婦別姓、シングルマザーやシングルファーザー、養子縁組、精神疾患や虐待、LGBTなんていまや定形外でもなんでもなくて普通のこと。夫婦別姓や非婚家族のような定形外家族やふつうの家という言葉自体が早くなくなる社会になるべきです。 続きを読む

  • まゆまゆ

    ふつうと違う形の家族は、不幸せ……という社会的通念が未だに蔓延る日本社会。みんなが普通を目指す社会よりも、普通ではなくても大丈夫な社会を目指すべき、としてマイノリティ家族の状況を紹介していく内容。子どもは親を選べないのだから、子どもがどう感じるかを一番に考えて行動することが求められるのは、普通かどうかは関係なく親に求められる大原則になるのはそのとおりと思う。 続きを読む

  • いまぷ@神戸元町コネクトロン

    ふつう=多数派のように解されがちだけど、家族のふつうは多数派ではなくて戸籍制度的に望ましいもの。お国の望む家を構成する要素として家父長制とかが確立されたのは明治時代。一億総中流とかホワイトカラー化とか言われたけど統計的にはブルーカラーも1次産業従事者も両親が揃ってない家の比率も実は高かったと知って、国の思惑の「ふつう」に右往左往させられるのってバカみたい、と思ったのは何年前だったか。家族とは港。自分がここちよければ「ふつう」である必要などない。無理に枠に押し込めてきたことがほころんで色んな問題が起きている 続きを読む

すべてのレビューを読む