発売日 2020年01月07日(火)

ルポ 定形外家族 わたしの家は「ふつう」じゃない
わたしの家は「ふつう」じゃない

著者名:大塚玲子(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-8156-0424-0
サイズ:
新書
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大塚玲子

大塚玲子(おおつか・れいこ)
「定形外かぞく(家族のダイバーシティ)」代表。出版社、編集プロダクションを経て、ノンフィクションライターとして活動中。PTAなどの保護者組織や、多様化する家族を取材・執筆。これからのPTAのあり方や改善方法、多様な家族のあり方等について講演活動にも力を入れる。

Twitter

『#ルポ定形外家族』(#SB新書)の著者 #大塚玲子 さん、明日、#文化放送「#大竹まことゴールデンラジオ」に生出演です。離婚して母の代わりに来た父のパートナーは男性/産院取り違え/父親に別の妻子がいた/結婚時に養子だったと言われた/親からの虐待…。「定形外」の家族はたくさんあるんです!

5冊目 #ルポ定形外家族 #大塚玲子/親の離婚を経験した人「一方の親から他方の親の悪口を聞くのがつらかった」/子育て中のレズビアンが新聞の「一日密着取材」を受けた際、記者から「意外とふつうですね」つまらなさそうに言われた/大人は「子どもには残酷だ」と決めつけて、真実を子供から遠ざける

#ルポ定形外家族
多様化する家族の形「ふつう」とはなにか。家族の形はますます多様化している。離婚・再婚、親がLGBT、養子、虐待、親が病気など、そこで生まれ育った子どもたちはどのように感じて、日々を生きているのか?
#SB新書 #大塚玲子 #SBクリエイティブ

Load More...
  • 無理して「ふつう」にしなくていいんじゃない?

    5.0
    yukky

    「ふつう」な家庭に育ったつもりの私も、著者と同じように子連れ離婚をするときは「ふつう=定形」外になることにものすごい恐怖がありましたので、「はじめに」部分でかなり共感し、うるうるしました。ですが、シングル子育てをしていく中で、自分のケース以外にも定形外家族があるということを知り、自分の思い込みの枠が狭かったことに気づきましたし、何より子どもたちがありのままの環境を受け入れ、ニコニコ育っていることから、「子どもには、ふつうか、ふつうじゃないかよりも、親がニコニコしてきちんと伝えるべきことを伝えて、隠し事をせず安心安全に暮らせるかどうか」の方がよほど大切だと子どもたちから教えられました。本書でも「隠さない」ことの重要性に何度も触れられています。再婚時には、著者の『オトナ婚です、わたしたち: 十人十色のつがい方』を読んだことで、「こんな結婚(かぞく)があってもいいじゃない」ということを知って視野を広げて「かぞく」を柔軟にとらえることができ、無事に「我が家のカタチ」のステップファミリーを歩み始めることができました。感謝しています。人生にはいろいろ定形外のことが起こり得ります。その際、この本の存在が、多くの定型外家族の人と、定形なんだけど幸せじゃない人たちの心の救いになりますように。著者のルポ力ももちろんですが、取材に協力して辛かった体験をシェアしてくださった皆さまに感謝いたします。自分ができることとしては、まずは自分の家族、子どもの心から、きちんとくみ取っていきたいと思います。

  • 5.0
    ガンちゃん

    「えっ、そこなの?」子どもたちの悩みは意外なものでした。家庭や学校でも、子どもたちの声は聴いてもらえていないのが現状です。家族の形はいろいろですが、本書を手に取ってくださった方々が子どもの話にじっと耳を傾けていただけたら、気持ちがぐっと楽になるでしょう。信頼できる機関のSNS相談とつながるのも手です。「ふつう」や「当たり前」と思っていることも、案外最近のことだったりします。時代とともに社会は変わっていくのです。10人いれば、2人は批判しますが、1人は守ってくれる人がいます。信頼できる友人や大人に相談することが何よりも必要なことだと思います。

すべての2レビューを表示

  • 香菜子(かなこ・Kanako)

    ルポ 定形外家族 わたしの家は「ふつう」じゃない。大塚玲子先生。定型家族、ふつうの家、そんな枠組みは現代社会に合っていません。配偶者間人工授精、非配偶者間人工授精、夫婦別姓、シングルマザーやシングルファーザー、養子縁組、精神疾患や虐待、LGBTなんていまや定形外でもなんでもなくて普通のこと。夫婦別姓や非婚家族のような定形外家族やふつうの家という言葉自体が早くなくなる社会になるべきです。 続きを読む

  • otya

    読んでみた。 続きを読む

すべてのレビューを読む