発売日 2020年03月06日(金)

なんのために学ぶのか

著者名:池上 彰(著者)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-8156-0439-4
サイズ:
新書
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・池上 彰

1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。
さまざまな事件、災害、教育問題、消費者問題などを担当する。1994年4月から11年間にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。
わかりやすく丁寧な解説に子どもだけでなく大人まで幅広い人気を得る。
2005年3月、NHKの退職を機にフリーランスのジャーナリストとしてテレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活動。
2016年4月から、名城大学教授、東京工業大学特命教授など、7大学で教える。
おもな著書に『伝える力』シリーズ(PHP新書)、『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズ(角川SSC新書)、『池上彰教授の東工大講義』シリーズ(文藝春秋)、『知らないではすまされない自衛隊の本当の実力』、『世界から格差がなくならない本当の理由』(SBクリエイティブ)など、ベストセラー多数。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • 解説としては良いが専門性がないのが残念

    3.0
    saiha

    『何のために学ぶのか』というタイトルですが、内容としては「人は何のために学ぶのか」という点と「池上彰さん自身は何のために学ぶのか」という点が、池上彰さんの経験と合わせて語られています。表紙とタイトルは吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』のオマージュだと思いますが、全体にまとまりがなくて要旨が分かりにくい印象になってしまっているのが残念なところです。本の構成として、まるでコラムのように1〜3ページごとに文章が区切られていているのが本書の特徴だと思います。読みやすくあるものの、80篇以上もある、それらの短い文章が「何のために学ぶのか」という点に集約されていないというか、「だから結局、何なのか」という結論部分が深く突っ込んで書き切れていないように感じました。「学びとは、決して人から盗まれることのない財産です」というようなことではなくて、実践的に、現実的に、具体的に、学ぶことが人間にとって何の役に立つのか?人が何も学ばなければ、個人は、社会は、国家はどうなるのか?学ぶことで人類はどう変わってきたのか?今、日本に、世界に、人類に何が求められているのか?その上で、今、必要な「学び」とは何か?というような、本質的な問題が全然、掘り下げられてないんですよね。それがこの本の最大の欠点だと思います。池上彰さんの経験談やおすすめの本、「学び」に関するエピソードを読んでみたいという方にとっては十分な内容かもしれませんが、「何のために学ぶのか」というタイトルにしては、かなり物足りない内容だというのが率直な感想です。

  • 専門家になるために学び、それ以外の人は教養となる

    2.0
    高菜

    ノートルダム清心女子大学の講演内容をまとめた一冊です。基本的に大学生向けに講演している内容であるため、大学生に学ぶことの重要性を自身や周り人々の体験談から、学ばなかったことでどんな問題が起きるのか、学ぶことでどんな良いことが起きたのかを語りかけています。この手の学ぶことの重要性を語る本は、勉強は教養として必要となるという論調で書かれているものが多いことに問題があると思います。確かに教養として必要となるケースもありますが、基本的に数学→アナリスト, 数学者物理・化学→エンジニア歴史→考古学者, 政治家公民→弁護士英語→翻訳者などのその道の専門家に必要とされる知識や技術を得ることが勉強の一番の意義です。その道の専門家にならなかった人は、日常生活や仕事で勉強したことを使う機会がないため、結果として「勉強は教養のために必要」となっただけです。最初から勉強は教養として必要なのではなく、その道の専門家になるために必要であり、もし専門家にならなかったとしても教養として一生役に立っていく、という事実が重要なのですが、そういった論調で書かれた本を見たことがありません。この事実を小学生から大学生までの学ぶべき年代の子供たちに教える本を執筆してくれませんかね。

  • タイトルが悪い

    3.0
    せかいへいわ

    何のために学ぶかというより、池上さんの半生とNHKでの失敗談が主でした。池上さんの本を読んでる人なら知ってることばかりで、もっと林さんが言っていた勉強は贅沢ということを知りたかったです。

すべての13つのレビューを表示

  • mio

    デカルト、カント、ショーペンハウエル (デカンショ)には一度触れてみようと思った。ショーペンハウエルの「読書について」で述べられている、読書は自分の脳内で他人に考えてもらうことなので、自分で物を考える力を失っていくというようなのは眼から鱗だった。反省しつつ、また次の本を読みます。 続きを読む

  • じゅん

    学びとは、盗られることのない財産。学ぶことができるという当たり前の環境を大切にしたい。 続きを読む

  • ぽんぽこぽん

    なんのために学ぶのかという答えとして浮かんだのは、山本義隆氏の言葉である。結局のところ、勉強不足を感じることが多いのは対人でコミュニケーションするとき。もっと的確な言葉が見つかれば、多面的な見方ができたら、他人の意図が汲み取れたら。良い本との出会いは人生の宝であり、知識は他人に盗まれない財産である。この本を通して、新しい知識が身についたというわけではないが、学ぶということについて考える非常によい機会を得た。すぐに役立つようなものではないので、長い目で培っていきたい。思い立ったときが最良のタイミングだ。 続きを読む

すべてのレビューを読む