発売日 2019年12月06日(金)

日本人の給料はなぜこんなに安いのか ~生活の中にある「コスト」と「リターン」の経済学~

著者名:坂口孝則(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-8156-0441-7
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・坂口孝則

調達・購買コンサルタント。未来調達研究所株式会社取締役。講演家。二〇〇一年、大学卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。二〇一二年、未来調達研究所株式会社取締役就任。製造業を中心としたコンサルティングを行う。『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』(すべて幻冬舎新書)、『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(幻冬舎)など著書多数。

Twitter/Instagram @earthcream
HP http://www.future-procurement.com/

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • ことちん

    老後2,000万円不足問題で、自分の老後に漠然とした不安を感じていたが、これを読んでスッキリした。特に年金は払い損のイメージが強いが、実際は民間保険よりもリターンが大きく払い損にはならない点、実際に老後はいくら必要かの計算及び解説、住宅が賃貸派の人は定年までにプラス住宅費も貯める必要があるなど、具体的で勉強になった。 続きを読む

  • まゆまゆ

    給料や年金、消費に不動産をコストとリターンで考えていく内容。給料に関しては市場価格を参考に業種ごとに決まっている感じがあるが、それに加えて日本特有の現象として雇用の流動性の低さと人事評価の不徹底を上げる。外国と比較して水準が低いのは物価のせいもあるが職能給と職務給の違いが大きい。モノを購入するときは値段のみならず手離すことを含めたトータルコストを考える、のはその通りだな。 続きを読む

  • tolucky1962

    コストリターンで解説。日本の給料は先進国中で低く海外から引抜かれる。企業利益は伸びても生活水準が給料相場に。終身雇用で低雇用流動,年功序列,評価不徹底で上がらない。収入増にはリターンリスク順に独立>転職>副業。転職先は稼ぐ業界を選ぶこと。●年金は保険なのに誤解がある。①未納者が多い→天引きのため実は2.3%。②崩壊→政治家が止めれない③払い損→世代差があるが税投入,会社負担で他より得。●節約に調査で底値・買い時を知る。トータルコスト,転売を考慮。定額制に注意。投資をしない人は賃貸(余剰を投資)より持家。 続きを読む

すべてのレビューを読む