発売日 2020年03月13日(金)

お前らどれだけ俺のこと好きだったんだよ!

著者名:明月 千里(著者) シソ(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-8156-0449-3
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・明月 千里

イラスト・シソ

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

  • 正解が導き出されない「恋の方程式」

    4.0
    Millefeuille

    策士策に溺れる系ラブコメ。美人の生徒会長と1週間で破局したエセリア充主人公だが、水面下では本当にモテていて…リア充になれる可能性(ポテンシャル)を秘めていた(笑)主人公が別の女と付き合うという衝撃の事実によって目覚めた…文中の言葉を借りれば「恋愛脳」…に突き動かされる三者三様の彼女たちのプライドと打算と想定外の展開が笑える。また、マウントをとられまいと少しでも自分に優位に物事を運ぼうという主人公の野心?と、フラれて臆病になっている弱気な部分のせめぎ合いも面白い。それぞれの思考の掛け違いと第三者による介入によって成立しているラブコメで、内面描写が非常に多く、また互いにザッピングというか思考の主体の切り替えが煩雑で、読んでいてだるいと感じられる方もおられると思う。面白い部分が同時に欠点にもなっており、話は遅遅としてなかなか進まない。とにかく、相手から告白させようと互いにマウントを奪い合う心理戦ラブコメ。話を考えるのは大変そうだし、私は気に入ったので高評価としておくが、ストレスフリーにサクサク読めないと満足できない方も多々おられるので、結果万人受けはしないだろうな。あと、「恋愛脳」「非恋愛脳」とかいう言葉遊びは繰り返されるとちとウザかった。

  • 微妙

    2.0
    shimauma

    話もキャラもいまいち強い関心を抱けません。ただただ淡々と物語は進み、なにかしらの笑いを発することはなく、ドキドキすることも微か。3ヒロインのひとり、くららは好きになれそうもありません。主人公はマシな部類ですが…。

すべての2つのレビューを表示

  • よっち

    初めての恋人だった生徒会長にわずか一週間でフラれた高校生・芦宮隆人。そんな彼がかつて中学時代に交流のあった後輩・月ノ瀬白雪に秘密の部活・第二天文部の部室へ誘われる青春ラブコメディ。彼への恋心を自覚した後輩・月ノ瀬白雪、年上幼馴染舞咲くらら、クラスメイトでバイト仲間の櫛水乃愛。プライドが高く非恋愛脳だったヒロインたちは恋愛スキルが低くて空回りしまくりで、トラウマから自意識過剰を疑う主人公の噛み合わなさっぷりには苦笑いでしたけど、四人まとめてひとつの部活に放り込まれてどうなるか、今後に期待のシリーズですね。 続きを読む

  • サケ太

    とても良いラブコメ。一週間で振られた主人公へ、アタックをかける三人のヒロインたち。その攻防が面白い。絶望から一転、差した光明から攻勢に転じた少女たち。拗らせ具合とヘタレ具合もいい感じ。恋心に自覚的な者、無自覚だった者。それぞれの特徴を生かしたシチュエーション。ここまでか、と思わされるすれ違い。それぞれの心情を一人称で描いているからこそ、驚かされた。美少女たちに翻弄される主人公がどういう選択をしていくのか気になる。何番煎じと言えるラブコメだが、個性と工夫を感じられて面白かった。 続きを読む

  • まっさん

    ★★★☆☆ 昨今のラブコメ流行にあやかろうとしたであろう作品で、コンセプトはそこまで悪くないように感じられる。ただ、正直に言えば一年前に読みたかった作品だなという印象を受けた。ラブコメが流行りだしてからこういった作風の作品は数多く誕生しており、書籍やネット小説でも似たような展開の作品が多いために若干の飽きがきてることは否めない。こういったラブコメ作品を出すのであれば、「俺の女友達が〜」のように一捻り加えた作風にするか「お隣の天使様〜」レベルで甘々な作風にする、または「いもウザ」のようにラブコメに加えて何→ 続きを読む

すべてのレビューを読む