発売日 2020年01月11日(土)

ひきこまり吸血姫の悶々

著者名:小林湖底(著者) りいちゅ(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-8156-0465-3
サイズ:
文庫
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・小林湖底

イラスト・りいちゅ

Twitter

小林湖底先生(@Xiaolin_Hudi)の『#ひきこまり吸血姫の悶々』を購入しました🎵
イラストは尊敬するりいちゅ先生(@rityulate)‼
試読から発売を待っていました〜キャラはもちろん可愛いですが作品としての面白さが爆発しています!
全世界をオムライスにしてやる!
コマリン!コマリン!!

#ひきこまり

ひきこまり読んだよ〜!
何かもうねー、読み始め3ページくらいで「ひきこまれ」ましたね!PVも見てたからコマリボイスで読めたのも満足感がデカいのです。
まだ読んでない人はPV見てから読んだほうがイイよ!マジで!
オレはこの作品全力で推すよ!

#ひきこまり
#ひきこまり吸血姫の悶々
#こまり軍団

ひきこまり吸血姫の悶々読み終えた!
これは優秀賞だわ。百合好きはすごい好きな作品だし普通に笑えるところも多くあって読み続けて飽きなかった!
これはみんなに読んで欲しい作品続編おねがいします!
#ひきこまり吸血姫の悶々
#百合小説

明日1/15(水)発売 文庫新刊①

#GA文庫
 #筑紫一明『#竜と祭礼 魔法杖職人の見地から』
 #小林湖底『#ひきこまり吸血姫の悶々』
 #阿樹翔『#城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない!』

など発売☆皆様のご来店お待ちしております♪

Load More...
  • 引きこもり…でも正義感溢れるアツい子!

    5.0
    N3

    りいちゅ先生の絵に惹かれ、テーマも面白そうだったのでとりあえず試し読み。読み終わる頃には即予約し発売日が待ち遠しいほどお話に夢中になっていました。そして届き読了しましたが、本当に面白かったです。納得の優秀賞ですね!この1巻で話がきれいに纏まっていますが、もっともっとコマリ隊達のお話を見たい!是非ともシリーズ化して欲しいです!個人的には戦闘のある血生臭い話が好きなので、この本はテーマ的に戦闘はなさそうだなぁと思ってましたが裏切ってくれました。みんなの為に過去のトラウマに立ち向かうコマリの姿がとてもアツかったです!コマリはやればできる子です!滅茶苦茶かっこいいです!コマリもメイドも部下もみんないい性格をしているのでコメディ部分もとても面白く、何度も笑ってしまいました。そしてりいちゅ先生が挿絵担当というのもやはり素晴らしい!四の唄でもでしたがただ絵が可愛いだけでなく、本気を出した主人公の迫力ある作画がすごいです。本当にかっこいい。画力が高過ぎる!全体的に完成度が高いです!オススメです!

  • 4.0
    ニア

    あらすじからもっとしょうもない作品かと思っていたが、意外にしっかりした話だった。主人公のコマリの一人称で物語られます。基本ギャグの話で、登場人物も変態が多く、そこにコマリがツッコミをいれる形が多く、かなり勢いのあるギャグタッチの作品として進みます。変態キャラばかりなので、登場人物が多いのですが、個性たっています。本来ひ弱ななコマリがハッタリやメイドのフォローなどで、戦果をあげる話になっていて、ファンタジー&女版「伝説の頭 翔」という感じです。ギャグが目立ちますが、後半はバトルや熱い展開もあり、王道要素も組み込まれています。そして、作者さんが本来は中華戦記が好きだったと書いてあるように、国や世界の設定、そこに敵対している秘密組織といった部分もしっかりできていそうで、話をまだまだ広げ、深めていけそうです。ギャグでほとんどおおわれながら、芯の部分はコリッとしたファンタジー作品とよくできています。

  • ギャグ多めだが熱いシーンもあり。個性的なキャラと伏線が上手い

    4.0
    mit_ace

    主人公が実力や性格を周囲に勘違いされる系のコメディ。軍隊、メイドつきのお屋敷、学園要素など様々な舞台を詰め込んでいるが、主人公のひきこもり設定を中心にしてそれなりにまとまっている。バトルシーンも意外と多い。ただし戦記要素はほとんど無いので注意。キャラは出オチかと思うほど個性が強いが、皆それぞれに見せ場があって好感触。主人公もきちんと活躍し、ラストは中々に盛り上がる。ストーリー展開は手堅く、あまり驚きは無いが安心して楽しめる。終盤の流れもある程度読めてしまったものの、伏線が上手く張られていて納得感があった。ギャグ濃度がかなり高い作品だが、それさえ受け入れられるならお勧め。

すべての4レビューを表示

  • ツバサ

    素晴らしい!発売される前から期待していたが、優に超えていった。前半は軽いノリでサラッと伏線を巻き、中盤から終盤にかけて流れるようにハートフルなドラマを演出していて、とても面白かったです。主人公だけでなく、側近にも愛着が湧いて良かったです。多くの人に、コマリの勇姿を読んでもらいたいです。 続きを読む

  • 真白優樹

    多種族が共存する大陸の吸血鬼の国で名門出身ながら引きこもりの少女が、突然最強の将軍に任命され始まる物語。―――弱さを脱ぎ捨て踏み出せ、守るべき仲間と部下を背に。 その美貌で万人を引き寄せ偶然とアドリブで部下の人心掌握し、戦争の中で暴れ回る。全体的にコメディとシリアスがバランスよく同居している物語であり、笑い溢れるコメディとシリアスと熱さ溢れるバトルが一度で二度おいしい、優秀賞受賞も納得の力と可能性に溢れる物語である。始まった戦い、果たして少女はいつか引きこもれるのか。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む

  • nawade

    ★★★☆☆ 第11回GA文庫大賞優秀賞受賞作。引きこもり吸血鬼コマリが、父の策謀により七紅天大将軍になり犯罪者軍団を率いて騒乱を巻き起こすコミカルファンタジー。無能なのに最強と勘違いされたコマリが下剋上を恐れながらハッタリにもならない空威張りとメイドの工作、そして人気とりで世間を渡る。一歩間違えばアイタタタな展開に陥りがちなところをバランス良く描いている。しかし、メイドちゃんはどうしてこんなに変態になっちゃったんでしょうね?全てはコマリの美貌の為せる業? 続きを読む

すべてのレビューを読む