発売日 2020年01月11日(土)

ひきこまり吸血姫の悶々

著者名:小林湖底(著者) りいちゅ(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-8156-0465-3
サイズ:
文庫
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・小林湖底

イラスト・りいちゅ

Twitter

#ひきこまり吸血姫の悶々
#ラノベ好きと仲良くなりたい
この本のキャラの絵柄好きデスた。
普通に面白かった。
続編とか出るのかな?

#ひきこまり吸血姫の悶々
他の作品と並行して読んでいたので遅くなりましたが、
読了なう。

ほぼ手放しに
良かった、面白かったと称賛を送りたい。

ってことで感想をリプに書きます。
駄文になってしまうかもしれないけど、暇な人は読むといいよ。人生の数分間無駄にするからw↓↓↓

メロンブックスにあること祈って行ったらあって最高やった✋
勝ち組✌🏻
めっちゃ読ませていただきます!( ̄▽ ̄)
#ひきこまり吸血姫の悶々

通常版買って読んだあとコマリンが可愛すぎてタペストリー付き限定版買ってきました!
コマリ隊に入りたい
#ひきこまり吸血姫の悶々

Load More...
  • ツバサ

    素晴らしい!発売される前から期待していたが、優に超えていった。前半は軽いノリでサラッと伏線を巻き、中盤から終盤にかけて流れるようにハートフルなドラマを演出していて、とても面白かったです。主人公だけでなく、側近にも愛着が湧いて良かったです。多くの人に、コマリの勇姿を読んでもらいたいです。 続きを読む

  • nishiyan

    ある事件がきっかけで三年間引きこもっていたテラコマリことコマリが父親の陰謀で帝国の七紅天大将軍となり、メイドのヴィルの助けを借りながら荒くれ者ばかりの部隊を率いて快進撃する物語。血が嫌いなために吸血鬼としての力がないものの、正義感があり情に厚いコマリが部下たちに心から慕われていく姿はコミカルで面白い。ヴィルのコマリへ献身は変態的かつ百合みがあって良い。コマリをつけ狙うミリセントとの対決は重いものがあったが、乗り越えたコマリの心身ともに成長した姿は尊い。コマリとヴィルの戦いはどうなるのか、次巻が楽しみです。 続きを読む

  • 真白優樹

    多種族が共存する大陸の吸血鬼の国で名門出身ながら引きこもりの少女が、突然最強の将軍に任命され始まる物語。―――弱さを脱ぎ捨て踏み出せ、守るべき仲間と部下を背に。 その美貌で万人を引き寄せ偶然とアドリブで部下の人心掌握し、戦争の中で暴れ回る。全体的にコメディとシリアスがバランスよく同居している物語であり、笑い溢れるコメディとシリアスと熱さ溢れるバトルが一度で二度おいしい、優秀賞受賞も納得の力と可能性に溢れる物語である。始まった戦い、果たして少女はいつか引きこもれるのか。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む

すべてのレビューを読む