発売日 2020年01月22日(水)

仕事と人生を激変させる インプットの教科書

著者名:金川 顕教(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-8156-0472-1
サイズ:
A5判
ページ数:
144
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・金川 顕教

経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 1986年、三重県生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始。ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルで累計20万部以上と、ベストセラーを連発させている。主な著書に『すごいチーム』(KADOKAWA)、『3秒決断思考 やるか、すぐやるか』(集英社)、『すごい勉強法』(ポプラ社)、『明日も、こだわらない日にしよう』(主婦と生活社)などがある。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 労力最小限、効果最大限の考え方に大変共感

    2.0
    キュート先生

     最大のアウトプットをするためにインプットの質も同時に上げていく必要があります。公認会計士の金川さんが考える良質な効率のよいインプットは何なのか、勉強してみました。○無駄な時間を使わないため、少しインプットしたらすぐにアウトプットすることで、足りないことを最短で知る。〇折角インプットするならレバレッジにつながるものを選ぶ〇「知識/情報」は常に最新にする必要があるが、「知恵」には寿命はない〇自分の行動が価値/利益をどう生むかを考えて行動する「投資家思考」が大事〇周りのために自分が学び、周囲を成功させることが一番の成功の法則〇本はとにかく簡易な方法でメモを残し、1割でも理解したらよしとする〇セミナーでは視覚、聴覚、嗅覚など五感で学ぶ〇インプットを自分のものにするため、スピードと回数を重視する〇インプットを継続するため、情熱、忍耐、謙虚を大事にする〇失敗しても諦めない、結果が出なくても大丈夫、失敗の中に楽しさを見つける考え方にする。労力最小限、効果最大限の考え方に大変共感できますこの方法を1割でも生かして、今年は無理なくアウトプットにつなげていきたいと思います。ただ、金川本をほぼ読破しているわたくしにとっては、どこかで書いてあったことのまとめなような印象があり、新規性がなく、★2つ。。。

  • インプットする為にはアウトプット!

    4.0
    yuri

    インプットする為には、ある程度ですぐにアウトプットする事!そして深める為にさらにインプット、そしてフィードバック。これが大事だと改めて感じました。学ぶばかりが結局それが身についているかというとただ学んだだけになってしまうし、その学びを自分の言葉で伝える事で更に自分の知識として落とし込んでいけると思いました!その為には読書術や人間関係術も大事!日常生活の中でもすぐに活かせると思うのでやっていきます!

  • 内容が薄い

    1.0
    takasiro

    同じ著者の他の本が面白かったので、購入しましたが、これについては内容が非常に薄いと感じてしまいました。どこかで聞いたことのある話しばかりでした。

すべての17つのレビューを表示

  • makio37

    読み始めは「最短最少で最大効果をねらえ」という考えに馴染めなかったが、読み終える頃には幾つか取り入れる内容を決め、前向きな気持ちになっていた。インプットの方法がたくさん紹介されていて参考になるが、やはり最も重要なのは「何のためのインプットか」という部分だと思う。自己超越目標を持ち、自分以外の人のために、現状維持ではなくラーニングゾーンでのインプットを行う。アウトプットを意識したインプットという点では、自分の場合は読書についてはこの場があるが、それ以外の学びについても明確にしよう。 続きを読む

  • たぐっちゃん

    最短最小で最大効果を手にするインプット術が案内された本。iOIFの頭文字に整理された手法は分かりやすくて実践的。様々なインプットの手段も実例をそえて案内されていました。 続きを読む

すべてのレビューを読む