発売日 2020年02月14日(金)

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!10

著者名:海空りく(著者) さくらねこ(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-8156-0534-6
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・海空りく

イラスト・さくらねこ

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 完結おめでとうございます!!

    4.0
    ぱんにゃの飼い主

     アニメを見て面白かったので原作を購入。一気に最終巻まで読みましたが、個人的には一番いいタイミングで完結したかと感じました。(9巻終了時点ではもう少し続くかと思いましたが、もう少し続きを見たいと思えるところで、惜しまれつつも本編が終わるのは良かったです。)★以下ネタバレありの感想★【イラスト】 さくらねこさんのイラストが1巻から最終巻まで劣化することなく、非常に高いクオリティーで大満足です。10巻の表紙もそうですが、特に最後のほうで、各キャラのイラストがゲームのエンディング風になっているのがよかったです。【ストーリー】 まさかケーネ先生がラスボス(のひとり)になるとは思いませんでした。ヤマト戦役から、結構シビアであまりタイトルみたいに余裕で生き抜いていないような気がしますが、逆にだれる事なく最後まで読めたので結果オーライかと。【不満点】 9巻時点ではケーネ先生が裏切るとは一言も書いていないのに、10巻のあらすじに「桂音の裏切りにより~」と普通に特大のネタバレが書いてあって読む前から少しテンションが下がりました。もう少し隠そうよ、出版社さん。 司を巡る恋の行方も本編同様に楽しみにしていたのに、まさかの林檎の不戦敗(泣)ダブルヒロインと思っていたのは僕だけでしょうか?尺の都合かはわかりませんが、超人高校生は皆何かしら成長しているのに林檎に至っては過去のトラウマを最後まで乗り越えることができなかったみたいになっていて辛いです。そのあたりの描写をもう少ししてほしかったです。

  • 祝☆完結。これくらいの巻数でちゃんと終わるのが普通になって欲しい

    5.0
    スピネル

    一週間ほど積んでたが、他にレビューが無いことにビビる。なんでだ、面白かったじゃんかよー。最終巻としても、このシリーズ全体の評価としてもさー。即打ち切りとか延々と続くラノベが多い中で丁度いい長さで綺麗に終わったこれはもっと評価されるべき。みんなもっと買え。(以下、バレ有り注意)最終巻でまさかのマッド医師こと桂音ちゃん回。思ってたより遥かにヤベーなこの子。ラスボスの超人王も良いキャラだったが出番食われてて草。前回の勝人もそうだが、結局最後までこの話は超人高校生の話だった。ラストのウィノナさんとのやり取りは至高。ついでに元々地球で一緒に活動することの多かったらしい葵の株も上昇。いっつも肝心なときに刀折れてるポンコツ侍だと思っててゴメン。今巻では格好良かった。司は政治面では安定の超人。でもラブコメパート見るに彼もこの転移事件でちょっと変わったんかなーと思うと感慨深い。他メンバーやその関係者もみんな頑張っててとても良かった。でも○○の見逃し三振だけはちょっと許せんというかありえねーというか……。全編通してこいつだけまるで成長しとらん気がする。尺が足りなかっただけかもしれんが、そこだけはちょっと気になった。

すべての7つのレビューを表示

  • 真白優樹

    リンドヴルムと裏切った桂音により世界が作り変えられる中、司が心通わせたリルルと共に最終決戦へと挑む今巻。―――始めようか、この世界での最後の戦いを。気が付けば二年もいたこの世界。平和に向かう世界の中、世界を揺るがす最後の敵との決着をつける為に。司達それぞれが各々の意志のままに戦う、最後の決戦特有の熱さと超人だからこその決着が見所である今巻。ここはまだ旅の途中。いつか彼等は世界を繋ぎ、そして各々の道を何処までも。皆がいれば、きっとどこまでもいけるから。未来へ続く覇道を。 うん、最高に面白かった。 続きを読む

  • 藤和田

    完結。前巻で勝人が合流し全員集合かと思いきや仲桂音が邪悪な竜をも支配した皇帝に同調してしまい再びバラバラに。まさか、人間に対してこんなに色々と考えさせられるとは…ヒロインレースではリルルを選んだのはわかったけど、林檎はどーなったんだろ?それにしても、四大元帥の残り3人の退場があっさりすぎない?w 続きを読む

すべてのレビューを読む