SBクリエイティブ

真説 幕末動乱史

原田伊織:著者

狂気の勤皇思想がもたらしたもの

「明治維新」という政争は存在しなかった!!

※本書は2020年3月に小社から刊行された『知ってはいけない明治維新の真実』(新書版)を、単行本化にあたり改題の上、再編集したものです。

◎兵を見捨て逃げ帰った徳川慶喜
◎海軍伝習所を留年させられた勝海舟
◎恩人の子・篤姫を砲撃しようとした西郷隆盛

幕末維新史を書き換える決定版!

序章  歴史の検証を阻む薩長史観

第一章 黒船来航にまつわるウソ八百
・東アジアの国際情勢
・老中阿部正弘の決断
・武力行使のできないペリーの事情
・最前線浦賀奉行所の奮闘
・ペリーを圧倒した初めての日米交渉
・不平等条約ではなかった通商条約

第二章 「ホラ吹き勝」の正体
・江戸城無血開城は美談か?
・勝は咸臨丸を操船したのか?
・勝海舟英雄譚が生き続けた不思議

第三章 戦争でも内乱でもない「戊辰戦争」
・勤皇志士による残虐テロ
・「王政復古」失敗! 討幕成らず
・使い捨てにされたテロ組織「赤報隊」の果たした役割
・勝てる戦を棄てた最後の将軍徳川慶喜
・奇跡の天皇二代

第四章 成り上った長州閥の腐敗と西郷の反乱
・勝利者長州閥の腐敗
・薩摩の風土が生んだ西郷隆盛の虚実
・無意味無責任な岩倉使節団と西郷の怒り

終章 軍国日本を創った勤皇思想

定価:1,760円(本体1,600円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2024年3月9日(土)
  • ISBN:978-4-8156-2395-1
  • サイズ:46判
  • ページ数:328
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・原田伊織

1946年京都府生まれ。作家、歴史評論家。大阪外国語大学卒業後、広告代理店でマーケティング・プランニング、コピーライティングやTBS系列「赤いシリーズ」などの番組企画に携わる。2005年に私小説『夏が逝く瞬間』(河出書房新社)で作家デビュー。『明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』(毎日ワンズ)が歴史書としては異例の大ヒット作となり、「明治維新論争」に火をつけた。その他の主な著書に、『列強の侵略を防いだ幕臣たち』『虚像の西郷隆盛 虚構の明治150年』『三流の維新 一流の江戸 明治は「徳川近代」の模倣に過ぎない』(以上、講談社文庫)、『日本人が知らされてこなかった「江戸」』『知ってはいけない明治維新の真実』『昭和という過ち』(以上、SBクリエイティブ)などがある。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る