SB新書
その運動、体を壊します。
その運動、体を壊します。

田中 喜代次 著
ISBN
978-4-7973-9830-4
サイズ
新書/1色
ページ数
192
価格
800円+税
出版日
2018/10/06
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


健康促進のために運動するのはとてもいいことです。
身体はもちろん、ストレス解消など精神的にもよい効果があります。

しかし、です。運動することで、かえって調子を悪くしてしまう例が後を絶ちません。
なぜこんなことが起きてしまっているのか?
それは、間違った知識で運動を頑張っているから。
その結果、運動すればするほど不健康になるという、本末転倒な結果に終わってしまいます。

そこで本書では、多くの人が陥りがちな間違いを指摘した上で、
正しい運動をわかりやすくお伝えします。

実は今まで、このような本はあるようで、ありませんでした。
それは、運動と健康の両方を専門にする人が、非常に少ないからです。
運動を専門にする人は運動のことは指導できますが、健康の専門家ではありません。
一方で医師や看護師は、医学など健康に関することは精通していても、運動のことはほとんど学んでいません。

そんな私も、元々は体育、すなわち運動の研究者でした。
大学で体育を勉強して卒業し、大学病院で患者さんに運動の指導をしていたのですが、
本当に健康になるためには運動だけでは限界があることを嫌なほど知りました。
運動でできること、できないことがわかったのです。
さらに、多くの人が健康促進のための運動について、間違った知識を持っていることにも気づきました。
そこで、正しい健康促進のための運動を突き止めるために、多くのデータを集めて最適な運動プログラムを作成し、多くの方に実践していただきました。
そんな経験を総動員して完成させたのが本書です。

取り上げる運動は、ウォーキング、ランニング、筋トレから、体操、水泳、テニスなど、多くの人が健康のために行う種目となっています。

最後に、運動で意外に大事なのは無理をしないこと。
むしろ、「ちょっと運動不足くらいがちょうどいい」。
私は運動の専門家ですが、本気でそう思っています。
その理由は、本書にゆずることにします!


田中喜代次(たかな・きよじ)

筑波大学名誉教授。
教育学博士(スポーツ医学専門)。
筑波大学大学院体育科学研究科修了。
大阪市立大学保健体育科講師、筑波大学助教授を経て現在に至る。日本体力医学会理事、日本健康支援学会理事長、日本メディカルフィットネス研究会会長。
ライザップ、カーブスをはじめ、多くのフィットネスクラブでプログラムの開発や監修を行う。
運動、食事、健康のすべてに精通し、運動と健康に関するデータも豊富にそろえている。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について