文芸/小説/エッセイ
悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと
悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと

瀧森 古都 著
Noritake イラスト
ISBN
978-4-7973-8022-4
サイズ
四六/1色
ページ数
272
価格
1200円+税
出版日
2015/04/25
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


思いっきり泣いた後、大切なことに気づく


「電車の中では読まないで下さい。衝撃の結末に号泣しました」の読者コメント通りの、涙なしには読めない感動物語。奇妙な猫との出会いを通して、登場人物が「生きるとは?」「働くとは?」など人生を深く哲学していく。本当の幸せに気づく4つのストーリー。

本書は「猫にまつわる感動体験」を通じて、登場人物が学び、成長していく全4話からなる小説です。「電車の中では読まないで下さい。ラスト30ページ、衝撃の結末に号泣しました」(34歳・女性)の読者コメント通りの感動物語。奇妙な猫との出会いを通して、登場人物が「生きるとは?」「家族とは?」「働くとは?」など人生を深く哲学していく4つのストーリーで展開していきます。それぞれのストーリーは独立しながらも関連しあい、最終話まで読むと一つの大きな物語として完成されます。衝撃のラストは、涙なしには読めません。思いっきり泣いた後、本当の幸せに気づく、そんな「気づきのある物語」です。

【書店員さんコメント】

全国の書店員さんから感動の声、続々!

泣ける物語は数々ありますが、泣きながら温かい気持ちになれる物語にはそうそう出会えません。この物語は間違いなく後者です。(さわや書店・栗澤順一さん)

読んだ後、"大切な人に会いたくなる"優しい本でした。(丸善舞浜イクスピアリ店・高村可奈さん)

親子の絆がこんなにも素晴らしく読めたお話はありませんでした。鳥肌がたち一気読みでした。(大杉書店市川駅前本店・鈴木康之さん)

猫を通して動く人の心。始まる人生。想像もしていなかったラストに……電車の中で泣きました。(紀伊國屋書店グランフロント大阪店・山口舞佳さん)

何のために生きてるんだろう? 本当に大切なことは何なのか? 奇跡の結末には、涙腺がゆるみっぱなしでした。(三省堂書店そごう千葉店・井下京子さん)

■目次:
第1話 鳴かない猫
第2話 絆のかけら
第3話 透明のスタートライン
最終話 奇跡の赤い糸


瀧森古都(たきもり・こと)
1974年、千葉県市川市生まれ。両親がイタリアの古い都(バッサーノ)で芸術活動をしていたことから「古都」と名づけられる。2001年、作家事務所オフィス・トゥー・ワンに所属。放送作家として「奇跡体験!アンビリバボー」など様々な番組の企画・構成・脚本を手掛ける。2006年、独立。作家、コピーライターとして活動。現在、主に「感動」をテーマとした小説や童話を執筆。書斎にて5匹の猫を飼育中。















企業情報 個人情報について