現代語訳 学問のすすめ
現代語訳 学問のすすめ

河野 英太郎 著
ISBN
978-4-7973-8447-5
サイズ
四六/1色
ページ数
272
価格
1500円+税
出版日
2017/03/17
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


『学問のすすめ』は実は日本最大のベストセラービジネス書(仕事術の本)だったって知っていましたか?


これまでとはまったく違う『現代語訳 学問のすすめ』。
100万部突破のベストセラー『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』の著者が、日本最大のベストセラービジネス書『学問のすすめ』を訳すとこうなった!
日本人なら忘れてはならない仕事の基本。
それを今こそ諭吉から学ぼう。

『学問のすすめ』刊行145周年記念企画。

■目次:
初 編 学んだ人から出世する
二 編 個人と組織は対等
三 編 全員が当事者意識を持つチームは強い
四 編 まずは自分から変わりなさい
五 編 一人ひとりが「独立心」を持つ
六 編 ルールを守る
七 編 全員がメンバーでありリーダー
八 編 他人を尊重し自分も自由になる
九 編 お金のためだけに働かない
十 編 現状に満足しない
十一編 無意味な上下関係はいらない
十二編 学んだら行動に移す
十三編 人の自由を奪わない
十四編 失敗を生かす
十五編 疑問を持つ
十六編 他人の価値観に惑わされない
十七編 自分ブランドをつくれ


福澤諭吉(ふくざわ ゆきち)
1835年中津藩士の家に生まれる。教育者、思想家、実業家。慶應義塾の創始者。学問に秀でていたため、後に幕臣として取り立てられ欧米への視察を経験。その見聞を活かし数々の著作を出版、各種事業を起こすなど幕末・明治期の日本の文明化をリードした。1万円札の肖像画のモデルとしても知られる。著書に『西洋事情』『文明論之概略』『福翁自伝』などがあり、『学問のすすめ』は1872年(明治5)年から1876(明治9)年にかけて出版された。1901年没。

河野英太郎(こうの えいたろう)
1973年岐阜県生まれ。日本アイ・ビー・エム株式会社。東京大学文学部卒業。同大学水泳部主将。グロービス経営大学院修了(MBA)。 大手広告会社、外資系コンサルティングファーム等を経験。2002年以降日本アイ・ビー・エム株式会社にて、コンサルティングサービス、人事部門、専務補 佐、若手育成部門リーダー、サービス営業などを歴任し、現在コグニティブ技術を活用した人材系ソリューションKenexa(ケネクサ)の日本展開担当。著書に累計110万部を突破した、『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』(以上ディスカヴァー)、監修書に『世界のエグゼクティブが学ぶ 誰もがリーダーになれる特別授業』(翔泳社)がある。

















企業情報 個人情報について