家族>仕事で生きる。
家族>仕事で生きる。

赤城夫婦 著
ISBN
978-4-7973-9084-1
サイズ
四六/1色+カラー
ページ数
208
価格
1400円+税
出版日
2017/08/26
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


後悔がなくなる「一瞬の勇気」がもらえる本


「本当に大切なことが大切にできない人生なんて。
後悔がなくなる〝一瞬の勇気〟がもらえる本。」

どんな時も仕事を優先させるから、成功できるとあなたは思いますか?

仕事で評価されなければ、人生の豊かさも家族の幸せも手に入らない。
そんなふうに考えてしまっていないですか?

家庭のこと、自分のことは多少の犠牲や我慢をするのは仕方ない。
みんなそうやって生きてるんだって。

本当は、そうじゃないんです。むしろ、真逆。

仕事を大事にするから幸せな家庭がつくれるのではなく、
家庭を大事にするから仕事もうまくいって豊かな人生が手に入る。

そんなの理想論だよ。ほとんどの人がそう思うかもしれません。

そこで、私たち夫婦は実験をしてみました。「仕事<家庭」の生き方、働き方を
するために二人とも新婚早々、仕事を辞めて〝無職〟になりました(笑)。

すると、仕事優先にしていた時よりも収入はもちろん家族の時間も増え、
健康や気持ちの余裕、いろんなものが手に入ったのです。

もちろん、仕事は大切です。日々充実して仕事をしているなら、それはとてもすばらしいこと。でも、そればかりに力をかけ過ぎてしまうことで、失ってしまう大切なものって、たくさんあるんです。
「自分の時間」「家族と過ごすかけがえのないひと時」……普段は意識していなくても、こうしたものを失っている人ってたくさんいるんじゃないかと思います。

本当は大切にしたいことや大切にしたい家族の時間があるのに、
ずっと仕事優先で、いつか余裕ができたらと言ってるうちに人生が終わってしまう。
そんなの本当に幸せな人生って言えると思いますか?

大事なのは、「今は、これをやらないといけないから」と
あなたにとって本当に大切なことを、さも仕方ないかのように
諦めたり、先送りにしないこと。

自分にとって大切なことを最優先して生きるのは、
世の中の人が思うほど難しいことでも特別でもありません。

それは働きながらでも〝一瞬の勇気〟を持つことで誰でもできる生き方なんです。
私たち夫婦も、ふつうのサラリーマン生活から「仕事<家庭」の今の生き方に
思い切ってシフトしてみたら、想像以上の幸せが待っていました。
まったく無名の私たちにもできたのですから、きっとみなさんもできます。

■目次:
第1章 仕事>自分から抜け出せなかったころ
第2章 ゼロから自由に幸せになる
第3章 仕事<家庭で働く
第4章 大切なことだけで生きると見えてくるもの
第5章 本当の幸せは伝染する


赤城夫婦(あかぎふうふ) 京都生まれ。6歳から全国一人旅をする。イギリスでのホームステイやヨーロッパ旅行を体験後、15歳でアメリカに留学。大学で近江商人の経営を学び、サラリーマンを経験後、父の経営する会社の第二創業を任される。商業ビルの建設やファッションに関する小売業の経営などに携わる。また、商店街の最年少理事として、ITによるビジネスモデル特許の開発などにも携わり、通産省の外郭団体や青年会議所、大学などで講演を行うようになる。結婚を機に、「幸せな結婚」と「仕事の成功」を両立できる知恵を夫婦で「マリッジ・プレミアム」として体系化し、執筆活動に専念。現在、その方法を全国の男女に、セミナーや講演会を通じて伝えている。

















企業情報 個人情報について