ライトノベル
ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター>2
ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター>2

手島 史詞 著
一色 イラスト
ISBN
978-4-7973-9197-8
サイズ
B6/1色
ページ数
320
価格
1300円+税
出版日
2017/04/15
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


『難事件』『怪奇現象』『怪人』続々!?


呪われた美術品をめぐり、『ナベリウス封印美術館』と『グシャラボラス工房』の争いが激化する!!

「ヴォルフさんは、また誰かを愛したりできるんですか?」
「ジブリルこそ、そういう相手はいなかったのか?」

敵対する「グシャラボラス工房」のクロウリーとの対決を経て、ヴォルフとジブリルは絆を強めていった。

そして、アーティファクト回収の日々を送る2人に転機が訪れる。
―とある田舎にある屋敷を訪れ、幽霊現象を起す原因を突き止めてほしい―
そこは、かつてジブリルが暮らし、魔術の修行した屋敷だった。
怪しげな依頼に危機感を募らせながらも調査を進めるヴォルフとジブリルの前に、倒したはずのクロウリーが現われる。

「くかかかかか、ミルシエル嬢の仇討ちは、もう諦めたのかね?」

「魔導書」「幽霊船」「象牙天球」「サーカスの帳」「隠された肖像画」新たなアーティファクトが2人を破滅へと誘う。そしてジブリルの秘密が明らかに……。

「自分の肖像画を取り戻したいんです。わたしの体も元に戻るかもしれませんから」


手島史詞(てしま・ふみのり)
『沙の園に唄って』にて、第19回ファンタジア大賞(2007年)で佳作を受賞し、作家デビュー。


ライトノベル

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について