発売日 2007年01月11日(木)

源流武闘伝-ORIGIN- 1巻

著者名:フカキショウコ(著者)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-3806-5
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・フカキショウコ

Twitter

Unable to load Tweets

  • 本格的な格闘漫画を目指したのは分かるが…

    2.0
    TERIOS

    <一巻のみの評価>主人公で高校生の但馬甚之介が古流武術「源流」の後継者争いに巻き込まれながら、本当の強さに目覚めていく、本格格闘漫画。舞台は現代、学園ドラマや恋愛要素、兄弟の確執など、初期の「天上天下」に似ている部分もあるが、基本的にかなりリアル路線を狙った作品。主人公が実は凄い潜在能力を秘めていたり、窮地に陥った時にその能力が開花したりといったお約束も。ただ、この一巻は各登場人物の紹介と状況説明的な巻である事に加え、良くも悪くも格闘描写が地味なので盛り上がりに欠けるのは否めない。絵も技術的には上手いのだが、これも地味な絵柄で少々古臭さを感じる。主人公たちのキャラデザにも特徴が無いため、見た目の魅力にも乏しい。それでいてこの著者の絵柄自体は妙にアクが強いので、見ていてアンバランスな印象を受ける。「謎の古武術」、「後継者争い」、「内なる獣を目覚めさせ暴走する主人公」、「本当の強さとは何か」といった格闘漫画の定番要素は揃っているが、逆に言えば、それ以外のこの作品ならではの「売り」が何も見当たらない。はっきり言って2007年の格闘漫画としては、設定にも絵柄にも演出にも「工夫」が無さ過ぎる。残念ながら、この一巻を読んでみて続きを読みたくなるような魅力には乏しいと言わざるを得ない。ある意味、この一巻の表紙絵のセンスの無さがすべてを象徴しているような気がする。…結果、一巻で挫折。

すべての1レビューを表示

  • atari

    冒頭に笑い要素があったし、表紙に弁当なんて持っているからギャグ系の格闘漫画かと思ったらバリバリシリアスでびっくり。 続きを読む

  • exsoy

    中身はハードなんだよね 続きを読む

すべてのレビューを読む