発売日 2007年03月15日(木)

神曲奏界ポリフォニカ トライアングル・ブラック

著者名:大迫 純一(著者) BUNBUN(イラスト)

¥600 (税別)

ISBN:
978-4-7973-4054-9
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大迫 純一

イラスト・BUNBUN

Twitter

Unable to load Tweets

  • 俺にとって契約ってのは…呪いだ

    5.0

    これまでは、黒の二人が強すぎて、ゲストキャラはけっこう霞んで見えがちでしたが…。レオンのキャラは、開発スタッフやら各地レビューでも伝えられてるように、素敵でした。今後、彼主役のスピンオフも待っているそうで、楽しみです。*みどころ*・レオンという男・トライアングルって、そういう意味と取っていいんですか・「なっ?!なにを…ば、ばきゃ」・プレイヤー・ブラックとは別の意味でピンチな、マナガ氏・やってはいけないことを、二つ犯してしまった犯人・コートやトランクにまつわるエピソードを、知っていると愛2倍・マナガの警官としての台詞、マナガとしての台詞・「いや」・精霊は奏者の死を感じ取ることができるという事実・ラストの一文…です。面白かった。

すべての1レビューを表示

  • じゅう

    精霊と神曲楽士(あるいは人間全般)との関係を掘り下げる一本。秩序を守る側のマナガと、自分の感情に素直に生きるレオンとの対比がよい。 続きを読む

  • みっちー

    ☆2- 大切な人を傷つけられた時、人は復讐者になる道がある。けれどそれは傷つけあう復讐の連鎖を招くもの。マナガとマティアは警察官である。守りたくない人でも守り、許したい人でも捕えて犯罪を防ぎ、解決する。警察とはかくも苦しい仕事だ。 続きを読む

  • takahina

    精霊と契約 続きを読む