発売日 2009年05月15日(金)

神曲奏界ポリフォニカ アドレイション・ブラック

著者名:大迫純一(著者) BUNBUN(イラスト)

¥650 (税別)

ISBN:
978-4-7973-5489-8
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
400
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大迫純一

イラスト・BUNBUN

Twitter

Unable to load Tweets

  • アーサー・エリス

    マナガの過去に触れつつ、ちょっと宗教めいた「レプリシアの家」なる慈善団体(?)で起きた事件を追う巻。今回の事件は精霊絡みのトリックが絡まない正統派ミステリーな感じで、宗教っぽい事件ということで容疑者やそれを取り巻く人間たちの「闇」がいやというほど描かれ、全体的に陰鬱。レプリシアとそれを妄信する人々の暴走に対し、ガチギレしたマナガが叫んだ台詞はカッコイイと同時に哀しくもあった。人間を愛し、信じているからこそレプリシアとその信者に怒り、あんな台詞を吐いたんだろうな。次回も陰鬱そうな話のようだが、果たして。 続きを読む

  • 桜乱

    こういう類の人はあまりなので読んでるとき酷い顔をしていたかもしれない(´・ω・`)、なんともああいう盲目的信仰はだめなんですよねぇ。人を心底信頼しているマナガだからこそ、震えるほどの憤りを感じたのかもしれませんねぇ。そして、店長、あんたかっこよすぎるぜい( ・ω・)b 続きを読む

  • おぜっぴ

    今回は特に人間のドロドロしたところが強く描かれていたので、シェリカの周りにいる人、精霊の温かさが引き立っていた。しかしそれも最後の一文で…。 続きを読む