発売日 2007年08月10日(金)

おと×まほ 2

著者名:白瀬 修(著者) ヤス(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-4293-2
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白瀬 修

イラスト・ヤス

Twitter

#何も見ずに思い出せるフォロワーの名前20人呟いて15人に気づかれたら負け

アオちゃん
しおん×2
りん
かなで
ゆい
ひより
おとは
はな
ゆや
チェス
あん
ゆう
ひな
まほ
ひなの
まゆ
ゆに
あいる
あんじゅ

#メンションなしでも気づくかな選手権

おとうふ まゆ ここな よしの ぱんつ のの まお あかり ぷちゃ もえ
こはる すずほ りな りお

Load More...
  • いやー、化けた化けた

    5.0
    A.I

    1、2巻何の気なしにあわせて買いました、TSコスチューム・魔法ものと思って。この2巻で化けましたねえ。話の広がりがぐぐっと出できました。ノイズ、チューナー、単なるドタバタ魔法少女?コメディーではない雰囲気がしっかりと出てきました。後は、人と人との思い、恋愛が絡むと最強?次巻、この期待を裏切らないでほしいと思うノベルです。

  • 3.0
    akirayamamoto

    シリーズ第2弾今回は、魔法お姉さん(?)依が登場。新たな敵ディスコードも現れ、いいんちょも怪しい動きを…結論から言うと、非常に退屈だった。ストーリー展開も定番中の定番で、何一つ新しいものは無かった。それならば、キャラを立てるなり、萌え展開にするなり、戦闘シーンを盛り上げるなりすればいいのだが、この作品は出来ていなかった。特にキャラの心理描写が酷すぎる。依の心理描写ももう少し丁寧に描くべきでだ。これでは唐突感がありすぎる。グレイスについても足りない。(依よりはましだが)主人公彼方に至っては、ほぼ理解不能。結局、何が言いたかったのかは、分からなかった。戦闘シーンも盛り上がりに欠け、だらだらと書きすぎていた。ページ数を減らして、もう少しシンプルに大胆に描写した方が、良かったように思う。評価は★2に近い★3。

  • レビュー対象商品: おと×まほ 2 (GA文庫) (文庫)

    後野まつり

    いいじゃないですか。1巻目では無理な設定を無難にこなしたなと言う感想でしたが、2巻目ではむしろ設定が生きてきました。新キャラが加わったり、伏線が加わったりしていますが、キャラクタそれぞれの成長が面白くてたまりません。

すべての4レビューを表示

  • 中性色

    はたらく魔法少女。今回は主人公ではなくメインヒロイン(?)のサブストーリー的な。そしてまさかの魔法OL。しかし、この時代にはよくある造りではあるんだろうけど、意外と身近な人間が実は黒幕って感じの、今だとなんとなく落ち着かない気分にはなるな。あと、それぞれのシーンで思うけど、男の娘でいくのかTSでいくのかはっきりしろと 続きを読む

  • ヴィオラ

    新キャラ、20代半ばのOLさんで、性別に続いて年齢も「魔法少女」には無関係らしい。そもそも彼方の母親もそうだし、デフォルトの「魔法少女」をどう崩していってくれるのか、そこが楽しみです。魔法少女をサポートするマスコット?であるモエルにもどうやら裏があるらしく、意外な人物が主人公と敵対するポジションにいたり、お話としてはまだまだこれからって所でしょうか? 続きを読む

  • おりぜる@新書等の積読あと500冊!

    過去の既読本、追加。 続きを読む

すべてのレビューを読む