発売日 2009年12月15日(火)

おと×まほ 9

著者名:白瀬 修(著者) ヤス(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5763-9
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白瀬 修

イラスト・ヤス

Twitter

  • 24歳、魔法少女はまだまだがんばります。

    5.0
    後野まつり

    いままでなぜ無かったのだろうかと言うほど今回はお姉さん回です。過去のエピソードに関係して新キャラも登場します。同級生同士の恋い焦がれとはひと味違う年上の想いが存分に書かれていたように思います。24歳でもまだまだ魔法少女、がんばって頂きたいですね。前半のまどろみ部分は意外に読むのに時間が掛かりましたが後半のバトルは軽快なテンポで、上手くバランスが取れていました。新章と言う事で落ち着いた状態からのスタートでしたが、早速伏線がそこここに張られていました。次はもう2桁巻、期待します。

すべての1レビューを表示

  • ヴィオラ

    今回は24歳の魔法少女、依さん回。まぁ、なんだかんだ言ってなかなか楽しんで読みましたが、「思いの強さ」が実際の強さの決め手になるっていう設定は、根性論とさほど変わらず、さていかがなものか?と思ってしまう…歳をとったからかな?w そこに嘘でもいいから具体的な理由付けしてあったりすると、もっと楽しいんだけどね(^_^;) 続きを読む

  • 和泉冴

    7巻の彼方巻から、短編集を挟み今度は依巻。出てきた新キャラは依の先輩と才能があるその妹。年が上だからか、下の世代を守ろうと頑張る2人は共通した目的で魔法少女になっている。ただ、それも数年経てばどうなるか。下は成長し、自分たちは年を重ねるだけ。その時、最初の目的のままこれからも進んでいけるか悩むのは当然のこと。その葛藤がなかなかよかったかなと。まあ、作風なのか、一見すると重い内容だけどそうでもないのがいいところ。次は留真巻なのかねえ。 続きを読む

  • 通行人

    そろそろメインヒロインがですの娘かモエルなのか気になってきたけど、自分はモエルを推し続けるよ 続きを読む

すべてのレビューを読む