発売日 2010年12月15日(水)

おと×まほ 12

著者名:白瀬 修(著者) ヤス(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-6286-2
サイズ:
文庫
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白瀬 修

イラスト・ヤス

Twitter

Unable to load Tweets

  • いままでのおさらい

    4.0
    後野まつり

    ゆるゆるとした短編集、というのはあとがきから。まさに今回は1冊丸ごと回想と日常を行ったり来たりの1冊です。仲のいいキャラクタにほっこりし、次巻への期待を高める感じで。でもちょっと物足りないです。

すべての1レビューを表示

  • ヴィオラ

    短編集、というか、発表済みの短編を何本か組み込んで長編化しました的な一冊。前巻で出てきた思わせぶりな新キャラ紹介な感じだったけれど、結局のところ新キャラがどういうポジションのキャラなのか不明のまま…。 ところで、非常に今さらながら、その界隈の方々には必殺アイテムなのでしょうか?スパッツってw 続きを読む

  • deltazulu

    短編集は、順調に変態だった。皆のかなたんに対する萌えっぷりがヤバい。短編そのものも楽しいけれど、間に挿入されるかなたんと深未のお話も楽しかった。距離感がつかめない分、振り回されることになりながら(まさかブラまで……)、一日付き合うことでお互いの距離を縮めて家族になっていく、そんな一日が良かったです。 続きを読む

  • 邑楽空宙

    短編集。変態度が格段にアップした短編集。表紙は白スクの二人(残念ながら二人とも男)。彼方と前巻で出てきた深未が仲良くなる話が基本。そして彼方が「はいてない」だったり、ついに女性用下着身につけたり、みさらをペットにしたり、彼方が居ないところではスパッツ談義したり…。白瀬先生はどこまで行ったの?帰って来られないの?w モエルのホワイトデーはちょっといい話だったかも 続きを読む

すべてのレビューを読む