発売日 2008年02月18日(月)

子どもは公立に預けるな!

著者名:和田 秀樹(著者)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-4401-1
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・和田 秀樹

Twitter

Unable to load Tweets

  • Humbaba

    学力格差はどんどん大きくなっている.そして,教育についてしっかりと考えている人ほど,私立を選択している.そのため,公立に通う子どもの学力は低下しており,格差は広がる一方である.そのため,私立を選択する方が無難である.ただし,私立と一言に言っても校風は様々なので,よく調べる事が必要である. 続きを読む

  • あちょー96

    国は信用ならん。お上はあてにならない。ゆとり教育の影響が…。でも私立お高いですよねぇ 続きを読む

  • Naota_t

    “有名大学”“一流大学”とそんな言葉が本書を飛び交い非常に不快で辟易、人生のゴールが大学だと言わんばかり。 自分の経験則もあるけれど、ぬるま湯にいるより、ヤンキーのいればオタクもいる、玉石混交な公立中学に行きながら塾で猛勉強スタイルが一番いいと個人的には思います。 ちなみに、「自分の力ではどうしようもない価値観から離れ、勉強ができるかどうかという自分の努力次第で何とでもなる、わかりやすい価値観の中にいるほうが、心理的には楽になれる」という一節は、気づかなかった自分の気持ちを発見できて感謝している。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2020年04月04日(土)