発売日 2008年10月22日(水)

新版 明解C言語 中級編
明解C言語シリーズ

著者名:柴田 望洋(著者)

¥2,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-5004-3
サイズ:
A6B9CB37-39EC-491E-9EE9-3EC5EEAD71D1
ページ数:
384
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・柴田 望洋

Twitter

Unable to load Tweets

  • 実践編のあとにやるべきか

    2.0
    はる

    他の本で基礎はある程度学んでいたため、挑戦しました。少し難しく感じました。課題に関しては、半分くらいできなかったです。後から明解シリーズのC言語実践編を購入しましたが、私は実践編を読んでからこちらをやった方がよいと思いました。説明については、そこそこ分かりやすく書かれていたと思います。

  • 4.0
    Amazon カスタマー

    実に分かりやすく良いと思うただディレクトリの階層構造についての説明などは一切ないのが残念なところファイル操作のところもコマンドラインについて知ってるのが前提で書いてるのが残念なところ

  • C言語のトレーニング用書籍

    4.0
    隈の森

    C言語のトレーニング用として購入しました。柴田先生のC言語・C++言語のシリーズです。入門編が終わった方にお勧めします。最新版である必要はないと考えます。(私は中古品を購入しました。)COBOLの事務系アプリケーション開発をやっていますが、組込み系を取得するためにC言語・C++を学習しようと考え、入門編の後の学習用に購入しました。まだ、学習の途中ですが、言語取得のために取り組んでいます。

すべての8レビューを表示

  • clrn

    C言語入門を授業や参考書などで終えた後、2冊目に取り組む本として最適だと思う。ソートや木探索などのアルゴリズム・データ構造は載っていない。作者オリジナル(?)のプログラムを通してC言語に慣れようというコンセプトになっていて、読後は自分でアルゴリズムを書く事に抵抗がなくなっていると思う。ビット演算やヘッダファイルに関する知識など本に書かれていない漏れも結構あるけど、2冊目に取り組む本としてはかなりいい感じだった。ただrand関数よりメルセンヌ・ツイスタ法を教えるべきなのじゃないかなという所は少し気になった。 続きを読む

  • 七味いたん

    ★★★★☆ 続きを読む

  • 101b_5

    2週した。ほとんど理解できた。プログラムはあまり読んでない。 続きを読む

すべてのレビューを読む