発売日 2008年09月17日(水)

君のせい(下)

著者名:咲良色(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-5021-0
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・咲良色

Twitter

  • いじめ問題を綺麗事で片づけるな(怒)

    1.0
    ばん☆びぃな

    私は大の読書好きですが、こんなに怒りを覚えてしまったのは後にも先にもこの本だけか?というくらいでした。まず、いじめ問題を綺麗事で片づけないでほしいです。私もかつて壮絶ないじめを経験してきたので、はっきり言わせてもらいますが、いじめられた側は一生消えない心の傷が残ります。まして自分をいじめていた異性に対して恋心ですか?(笑)ありえませんから(笑)自分の一生を狂わせた人間に、誰が思いを寄せられるとでも思ってんの?美嘉さん(怒)あなたは世の中の機微ってヤツをあまりにも知らなすぎです。多分、今まで苦労知らずでぬくぬく育ってきたからこういう綺麗事や稚拙な文しか書けないんでしょうね(笑)小説家を名乗るならば、一から顔洗って出直してこいと言いたいです。

  • ミニモン

    はっきり言ってしょうもない……見事にこけた感じ。ゆの?だっけ?もう一人わっけた。正直かなりウザイあんな兄弟おるんけ?ってかんじ。良いのは出だしのみやな。がっかりや。

すべての5レビューを表示

  • 美葉

    一気読み。莉乃の愛に狂った感(いわゆるヤンデレ?)がすごく怖かった。後半、物語がどんどん加速していって少し強引な気もするけど、ハッピーエンドでよかった。携帯小説の典型って感じ。上はよかったけど、下はまあまあかな。 続きを読む

  • ころも

    恋に障害は付き物だし、たとえ鬱陶しいと思う相手でも、離れてみてわかることってあるし。梨乃さんの思考回路は理解しづらいところがあるけれど、別離・そして恋の障害という展開は王道的、だがそれは、頑なで意地っ張りな心が素直になるために必要な時間。さて、いっぽう軽薄男が本物の恋に出会うとき、隆也くんのように変われるなんてことは、現実でも起こりうることなのかしら?あるいはフィクションマジック? 経験値がなさすぎてよくわかりません(笑)。だけれども、人を変えてしまうほどの恋というのはやっぱり憧れる。 続きを読む

  • マジョリーヌ:〕

    小説を読むのは苦手だけど、スラスラ読めました。りのと千尋の意外な関係にびっくり。ゆりなと隆也が最後に2人で学校に行く場面が心に残りました。特別読切のアキと松尾くんの話もおもしろかったです。松尾くんがなんでプルンと呼ばれているのか気になります。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品