発売日 2008年09月30日(火)

Eclipse 3.4完全攻略

著者名:宮本 信二(著者)

¥2,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-5049-4
サイズ:
28D2349A-6F6A-46A1-A52D-2269DF4E8A68
ページ数:
548
付録・付属:
CD-ROM

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・宮本 信二

Twitter

Unable to load Tweets

  • ちょっと辛口ですが

    2.0
    fun777

    この著者の本はあまり好きではありません。分かりもしないで書いている感じ。応用が利きません。

  • 4.0
    みっちぃ

    Eclipse で Java 開発を行っているすべての方にお勧めします。長年 Eclipse を使用していて、大抵のことは分かっているつもりでした。実際に仕事でも「私より Eclipse に詳しい人」に会ったことがありませんでした。しかし、井の中の蛙だと気付かせてくれた有難い本です。標準的な使用方法、各種設定、開発手法、デバッグ手法および有用なプラグインの紹介などがされています。Eclipse を使用したことがある方であれば、一通り目を通すだけでレベルが数段アップすると思います。ただし、紙面の関係上サンプル プログラムは簡潔で、詳細については説明されていない項目もあります。興味を持たれた方は、ネットまたは専門書で調べる必要があります。また、開発を行う際には様々なアプリケーションやツールが必要になります。これらについても、いくつか紹介されています。個人的には、CVSNT、VisualSVN Server などが気に入りました。付録 CD-ROM には、Eclipse や、本書で紹介されているツールやプラグインの一部が収められています。ネット経由で一から構築する手間が省けて楽チンです。気になった点を、以下にまとめます。誤字/脱字が少々(許せる範囲です)。"委譲"と"移譲"が同じページに記述されていたりとか。。。いまだに CVS や Ant を主力として扱っている。Ant の代わりに Maven を扱うのは時期尚早かもしれませんが、いまどきのバージョン管理は Subversion でなないでしょうか。Subversion については、CVS の説明の後で簡単に触れている程度です。

  • とてもよい本だと思う

    4.0
    抹茶

    Eclipse 3.4の実行環境を持っていなくても付録のCD-からインストールすると一応の環境は揃います。本の内容も初心者向けでとてもわかりやすいと思う。サンプルも作りやすくおもしろいただ、付録CDからインストール後アップデートをクリックすると内部エラーが起こるようで正常に起動できません

すべての3レビューを表示

  • doradorapoteti

    待機中の分厚い書籍攻略シリーズその1 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品